BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2018年07月29日

フィレンツェ Trattoria I DUE G 2018年の夏季休業

DSC04365.jpg

フィレンツェで普段から通っているトラットリア「I DUE G」。伝統的なトラットリア・スタイルで、シンプルな調理法で飽きが来ず、気軽に友達や家族と気軽に食事が楽しめます。もちろん一人もOK。値段も手頃なので地元の味を知りたい旅行者にもお勧めです。

2018年の夏季休暇: 8月4日(土)〜8月26日(日)
8月27日(月)から通常営業します

I DUE Gに行ったら必ず食べて欲しいのが「ほうれん草のリゾット(Risotto Verde)」です。アルデンテのお米、チーズとほうれん草の香り、最高の一品です。量が多いので2人でシェアするのもOK。写真はボクのお気に入りの「子羊のグリル焼き(Costolette di agnello scottadito)」。臭みがなくて最高に美味しいです。ぜひお勧めします!

店舗紹介ページ(割引きもあります)
https://amoitalia.com/firenze/trattoriaidueg.html


フェイスブックでは新しいイタリア情報を発信中です!
こちら』から「友達になる」をクリックしてください。どなたでも申請できます。
posted by Tsuyoshi at 18:43 | Comment(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

ローマのレオナルド・ダ・ビンチ空港における出入国手続きの簡素化

DSCF0982.JPG

在イタリア日本国大使館から、下記お知らせが届きました。

『ローマのレオナルド・ダ・ビンチ空港における出入国手続きの簡素化』

7月20日,ローマのレオナルド・ダ・ビンチ(フィウミチーノ)空港において,日本人を対象に,電子ゲートによる出入国審査の運用がはじまりました。

同空港より出入国される日本人(14歳以上)は,空港内に設置された案内板にある日本国旗のマークに従って進むことで,電子ゲートによる出入国が可能となりました。電子ゲートの前では,旅券を読取機にかざすことで一つ目のゲートが開きます。中に入り,右上部に設置された顔認証用のカメラを直視しますと短時間で認証が終わり,次のゲートが開きます。ゲートを出ますと入国審査官の有人ブースがあります。こちらで出入国印が押印されます。

14歳未満のお子様は,電子ゲートではなく有人ゲートを利用することとなります。なお,14歳以上の方は,14歳未満のお子様と共に通常通り有人ゲートを利用することも可能です。

なお,イタリア内務省によれば,出入国時に於ける電子ゲートの利用は7月20日より開始されましたが,入国時に於ける電子ゲートの利用については,試験運用として開始されており,今後見直されることもあるとのことです。また,イタリア国内の他の国際空港についても同様の措置が検討されていますが,7月20日時点で運用開始日等は未定とのことです。


2018年7月21日


フェイスブックでは新しいイタリア情報を発信中です!
こちら』から「友達になる」をクリックしてください。どなたでも申請できます。
posted by Tsuyoshi at 01:01 | Comment(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

日本は住みづらい?

DSCF8183.jpg

年末に1週間東京に滞在しました。その7日間に日本人は大丈夫なのか?という場面を3度目撃しました。とても不思議で怖く感じました。僕はもう日本には住めないなぁ〜と強く思ったのです。ただの偶然?それとも東京では当たり前の光景なの?

(1)地下鉄エスカレーターで
60歳くらいの男性が上りエスカレーターの降り口で派手に転んだ。時刻は夜の10時。それほど混雑していないが後ろからは何人かの利用者が登ってきます。両手がふさがっていた僕は荷物を置いて慌てて駆けつけたけど、その間、エスカレーターで登ってきた人たちは、その男性をまたいで助けることなく改札ゲートから出て行きました。

(2)夜の歩道橋でけが人
忘年会の帰りで酔っ払っているのか、新橋駅に向かう歩道橋の上でスーツの男性がうずくまっている。人が行き交う中、唯一心配そうに覗きこむのは外国人旅行者カップル。救急車を呼んだほうが良いのではないかと近づく僕に助けを求めてきました。そのサラリーマンは眼鏡が壊れ、怪我をしているものの意識ははっきりしていて問題なかったが、僕が気づくまで他の人たちは素通りでした。

(3)羽田空港のエレベーターで
1月3日の羽田空港。そこそこ混雑していてエレベーター前はベビーカーやお年寄りの列ができている。エレベーターが止まっても降りる人はなく、無言で扉が閉まっていく。1週間で何度も同じ光景を見た僕は中の人たちに「ベビーカーが待っていますが・・・」と声をかけるもみな無視。ほとんどは荷物もない普通の大人たち。目の前にエスカレーターが動いているのに。。。

今、この文章を読んでいる人はどうなんだろう。例えばデパートの混雑しているエレベーターに乗っていて、開いた扉の前にベビーカーが待っていたら、降りて場所を譲るのだろうか。今回ボクは10回以上も同じ光景に出くわしたけど、譲ったのはただの1度だけ、しかも若い外国人旅行者グループだった。

2018年1月 堂 剛

フェイスブックでは新しいイタリア情報を発信中です!
こちら』から「友達になる」をクリックしてください。どなたでも申請できます。

posted by Tsuyoshi at 15:43 | Comment(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 2003-2018 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa