BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2018年01月16日

日本は住みづらい?

DSCF8183.jpg

年末に1週間東京に滞在しました。その7日間に日本人は大丈夫なのか?という場面を3度目撃しました。とても不思議で怖く感じました。僕はもう日本には住めないなぁ〜と強く思ったのです。ただの偶然?それとも東京では当たり前の光景なの?

(1)地下鉄エスカレーターで
60歳くらいの男性が上りエスカレーターの降り口で派手に転んだ。時刻は夜の10時。それほど混雑していないが後ろからは何人かの利用者が登ってきます。両手がふさがっていた僕は荷物を置いて慌てて駆けつけたけど、その間、エスカレーターで登ってきた人たちは、その男性をまたいで助けることなく改札ゲートから出て行きました。

(2)夜の歩道橋でけが人
忘年会の帰りで酔っ払っているのか、新橋駅に向かう歩道橋の上でスーツの男性がうずくまっている。人が行き交う中、唯一心配そうに覗きこむのは外国人旅行者カップル。救急車を呼んだほうが良いのではないかと近づく僕に助けを求めてきました。そのサラリーマンは眼鏡が壊れ、怪我をしているものの意識ははっきりしていて問題なかったが、僕が気づくまで他の人たちは素通りでした。

(3)羽田空港のエレベーターで
1月3日の羽田空港。そこそこ混雑していてエレベーター前はベビーカーやお年寄りの列ができている。エレベーターが止まっても降りる人はなく、無言で扉が閉まっていく。1週間で何度も同じ光景を見た僕は中の人たちに「ベビーカーが待っていますが・・・」と声をかけるもみな無視。ほとんどは荷物もない普通の大人たち。目の前にエスカレーターが動いているのに。。。

今、この文章を読んでいる人はどうなんだろう。例えばデパートの混雑しているエレベーターに乗っていて、開いた扉の前にベビーカーが待っていたら、降りて場所を譲るのだろうか。今回ボクは10回以上も同じ光景に出くわしたけど、譲ったのはただの1度だけ、しかも若い外国人旅行者グループだった。

2018年1月 堂 剛

フェイスブックでは新しいイタリア情報を発信中です!
こちら』から「友達になる」をクリックしてください。どなたでも申請できます。

posted by Tsuyoshi at 15:43 | Comment(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月20日

海外旅行必須?日本で買える激安SIMを発見!

sim-card.jpg

偶然知ったんだけど、日本のアマゾンでイタリアで使えるSIMが買えるのね。しかも90日間使えて2,870円、安すぎ!イタリアの現地SIMと値段の差がない!

データ通信用プリペイドSIM【3GB、90日間有効】

テザリングはできないようだけど、ヨーロッパに入った瞬間からLINEや地図が使えるのはかなり重宝すると思う。あまりに安いから安心のために持っていくのもありでしょう。すごく良い!

自分用に買っても良いし、親が旅行する時にスマホに入れといてあげれば、空港などで簡単にLINEができて安心だと思う。すでに友達が試してヨーロッパ各国で使えたって!いいねぇ〜。

フェイスブックではほぼ毎日、新しいイタリア情報を発信中です!
こちら』から「友達になる」をクリックしてください。どなたでも申請できます。
posted by Tsuyoshi at 16:11 | Comment(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

シェア自転車MOBIKEでフィレンツェが超便利に!

DSC08180.jpg

すでに利用した人もいると思うけど、2017年8月2日からフィレンツェ市内で「シェアバイク(=自転車シェアリング)」サービスがスタートしましたよ。町で見つけた自転車を勝手に乗って、どこでも好きなところで乗り捨て可。料金は30分30セント(約40円)と超魅力的です。これは使わなきゃソン!!!僕もかなりはまってます!

その名はMOBIKE(モバイク)。中国企業のサービスだそうで、イタリアではフィレンツェとミラノで同時スタート。フィレンツェ市のみで500台から開始して、最終目標は8000台らしいです。今でもすでに街中に派手なオレンジ色の自転車がすぐに見つかるので、旅行者でもスマホさえあれば言葉も不要ですぐにレンタルバイクできますよ。おそらく同じアプリと課金でミラノでも利用できまっせ。あときっと上海でも。

【乗るまで】
  1. スマホアプリ「MOBIKE」をダウンロード
  2. クレジットカードを登録(最初の登録にデポジットとして1ユーロ引き落とし、最終的に戻ってくるみたい)
  3. アプリを起動するとマップが表示され、自分の位置と、自転車の位置が細かく表示されます。
  4. 自転車のところに行き、アプリの「Lock解除」ボタンを押し、自転車にあるQRコードを読み取ります。
  5. スマホの通信が完了すると(約10秒)、自転車の鍵がカチャっと解錠します。
  6. 自転車が乗れます!タイマースタート。30分30セント。


【乗り終わったら】
  1. 適当な場所で自転車を停める(駐輪OKな場所、歩道や広場ね)
  2. 自転車の鍵をかけると自動的に自転車から通信電波が飛び利用終了、タイマーも終了。


【ここが便利】
  1. 最初の1ユーロデポジットで、最初の乗車が可能。余分な課金は不要です。
  2. それ以降はクレジットを購入して、そのクレジットがゼロになるまで利用可(5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、、、など)
  3. 自転車を予約可。アプリで最寄りの自転車をクリックすれば15分だけ予約可。その間は他の人に取られません。


【利用して気づいたこと】
  1. 二人乗りはできません
  2. サドル高めなので子供は無理、子供向けの自転車も今のところないみたい。もちろんサドルは高さ調整可
  3. チャイルドシートもなし
  4. 前輪にモーターが内蔵してあって、それでGPSを飛ばしているようなので、漕ぎ出しのペダルは少々重い。ただし平坦な道ではペダルが軽すぎ。長距離ロードには不向き
  5. 前カゴあるけど小さめ
  6. サドルが固すぎ。長時間ロードには不向き


【利用規則(ウル覚え)】
  1. 自転車が停められる場所以外に返却はNG。例えば私有地内はNG。
  2. モバイク用の駐輪場ってのもできていて、そこに停めるとポイントが貯まるはず(←ちがったかな)
  3. パンクなどトラブルがあった場合はスマホから連絡可
  4. いずれは30分50セントに値上げするってどこかに書いてあったかも


とにもかくにも超便利。自転車を盗まれる心配から開放されます。僕はまったく用事ないのについついレンタルしてしまう。広場や歩道ならどこに置いて帰っても良いので何も考えずに乗れますよ。スマホの通信だけは必要なんでSIMカードだけは用意してね。レッツ、サイクル in フィレンツェ!!!!

フェイスブックではほぼ毎日、新しいイタリア情報を発信中です!
こちら』から「友達になる」をクリックしてください。どなたでも申請できます。
posted by Tsuyoshi at 01:06 | Comment(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 2003-2010 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa