BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2008年12月18日

ベネチア観光のススメ(1)ホテル編

ベネチア旅行のアドバイス
僕は昔から、イタリアで観光するならベニスが一番と答えています。
その思いが報われたのか、最高のベニス観光となりました。



先月、ヴェネツィアを観光してきました。
滞在中は100%観光なのですが、仕事の都合上ヴェネツィアは一泊のみ。出発前も時間があまりなくレストランを少し調べた程度です。列車の中でも「どうなることやら・・・」と思っていましたが、これが予想外に大当たりだったのです。今回は3回にわたり僕の体験談とヴェネツィア観光のアドバイスをご紹介します。
(半分くらい自慢です。。。)


ベネチア旅行のアドバイス2
乗り換え駅で日の出を迎えました。11月の午前6時はさすがにサブイです。



家を出たのはまだ日の出前の朝5時過ぎ。オルビエート6時発の列車に乗ってフィレンツェで乗り換え、ヴェネツィア着は11時という、なんと5時間の列車の旅です。「のぞみ」なら東京から博多まで行ける時間ですよ、奥さん!!!
ただ今回は泣く子も黙るユーロスターの旅、快適であっという間に到着って感じでした。ちなみにユーロスターの食堂車は風情があって、可愛らしいです。


ベネチア旅行のアドバイス3
これがユーロスターの食堂車。ボーダーのソファーがめちゃくちゃ可愛い。家に欲しいです。



僕の日頃の行いが良いのか列車は時間通りにサンタルチア駅に到着。ついでに僕の人徳のおかげか、天気も快晴です。停車した列車から勢い良く飛び降り、スキップで駅構内を横切って外に出ると、澄みきった青空の中に、物語の世界のような美しい町が広がっています。。。さ、さすが、ベニス!!!って感じです。


ベネチア観光のアドバイス4
この駅前の景色だけで10枚くらい写真を撮りました。恥ずかしいほど旅行者まる出しです。
今回のブログ、写真多過ぎか?テンションの高さと思ってお許しください。



駅前で写真を何枚か撮った後、「お、地図、地図」と思いながら、駅構内にあるインフォメーションセンターに立ち寄ります。この観光インフォメーションは2組ずつしか入れなく、シーズンオフながらもちょっと列ができていました。でも10分程度待って僕の番、2.5ユーロの地図と、水上バス(=ヴァポレット)の24時間チケット(8ユーロ)を購入しました。


この24時間チケットがかなり便利です。船の停泊所にある小さな機械に「ピッ」とかざすだけで刻印OK。最初の刻印から24時間利用できます(72時間チケットもあるよ)。僕は最初町を散策して、初乗船が15時頃だったので、翌日の出発までぴったり使えます。町のすべての水上バスが使えるので、カナルグランデ(大運河)の観光も、翌日に行ったブラーノ島へも、今回宿泊したリド島のホテルの往復にも使えます。ヴェネツィアの船は割高というイメージがあったのですが、使い方に寄ってはかなり割安になりますね。ちなみに僕は1泊して、リド島に3往復、ブラーノ島に1往復したので1回の乗船が1ユーロです。距離を考えたら十分安いです。


ベネチア観光のアドバイス5
ヴェネツィアってこんなところですよ、奥さん!!!どこを撮っても絵になります!



お昼に到着して市内を散策。ヴェネツィアは何度か来たことがあるので、今回は裏道を中心に歩きました。これが楽しい!!!
ヴェネツィアは道が細かく、運河で行き止まりだったり、橋を探さなくてはいけなかったりと、目的地にまっすぐ歩くのがなかなか難しいのですが、今回発見しました・・・

ヴェネツィアは迷うことに価値がある!!!

皆さんベニスでは時間にとらわれずに、少人数で自由行動しましょう。裏道ほど美しく、時代に流されていない景色が広がり、生活感があって生き生きとしています。
写真もメジャーな観光スポットよりも裏町で撮ったものの方が多かったです。これ本当ですよ!!!


ベネチア観光のアドバイス6
もうここまでくると映画のワンシーンです。
彼はもと鬼船長。今は買い物好きの主夫。ウソ。



2時間程度の散策の後、昼食を食べたのですが、その模様は次回のブログということで、今回はホテルを紹介します。
僕はネットで格安ホテルを探したのですが、今回は「豪華で安い」という普通なら不可能なミッションを自分に課しました。シーズンオフなら可能だろうと・・・。
すると見つけたのが、リド島の四つ星ホテル『HOTEL LE BOULEVARD』。これが大当たりです。

なにが良かったって・・・
  • リド島は高級リゾート地なのでとても安全
  • 島なので人も少なく、バールも安くて空いています。もちろん深夜まで営業
  • ホテルは四つ星、ゴージャス&クリーン
  • リド島行きは一番便利な水上バス1番線の最終駅。混雑知らずで確実に座れます
  • 最終の船は25時なので夕食後の帰宅も安心



ベネチア観光のアドバイス7
ヴァポレット(水上バス)からはこんな風景が広がります。
船で揺られるとふしぎと旅しているって感じになりますね。



ホテルをネットで予約した時点では、往復の船のことなど全く考えてなかったのですが、これが大当たり!!!到着して地図をよく見ると、観光客に一番人気の1番線がホテルのあるリド島行きでした。始発駅がリド島なので、朝は一番良い席(一番後ろにあるデッキ席)を陣取って、カナルグランデを遡上できます。帰りも島行きなので空いていますし、夜中の1時まで運行しているので安心です。サンマルコ広場前を通って、アカデミア橋、リアルト橋をくぐり、カ・ドーロを横切りながらのんびりと船観光ができますよ。
この思いがけないご褒美には感動しました。おそらく次回ヴェネツィアに行く場合も、リド島のホテルに泊まるでしょう。


ベネチア観光のアドバイス8
夜のヴァポレットは特にお勧めです。
空いているしロマンチックでカップルの方は、フッフッフ。



今回のホテルはネットで予約したのですが、シーズンオフ+直前予約ということで、一泊250ユーロの部屋が60ユーロでした!!!四つ星なのでもちろんゴージャス。フロントもしっかりしているし、部屋の造りも立派でした。リド島はベネチア映画祭が開催される島ですが、その時期は高いんだろうなぁ〜。


今回勉強になったこと。。。
シーズンオフは思い切ってリド島に泊まれ!

次回は、僕の目利きが成功したヴェネツィアの美味しいレストランを紹介します。
あまりに旨くってワインを飲み過ぎましたよ。。。。お楽しみに。


ベネチアのお勧めホテル
posted by Tsuyoshi at 08:47 | Comment(9) | TrackBack(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
リド島に60ユーロで宿泊できるなんて!!!
今のレートだと本当に安い!!!
とっても驚きです。リド島は高いという先入観がありましたから・・・。

ヴェネチアは本当に美しい、別世界ですよねぇ!?
tsuyoshiさんのテンションの↑がとても伝わってきます♪↑
ほんの2.3日前、アクア アルタのサンマルコ広場に傘をさした
サンタクロースの写真がネット上で出ていましたが、
tsuyoshiさんが旅行中はアクア アルタ大丈夫でしたか?
一昨年私たちが行っている時は、ちょうど満月と重なって、サンマルコの地面の石の間から海水がジワジワと染み出してきていました。
続き、心待ちにしています↑
Posted by rana at 2008年12月19日 08:17
イタリアに行く日が迫ってきました!!!
丁度ヴェネチィアに行くのでちょっと言った気分を味わうことが出来ました。
 ニュースでサン・マルコ広場が浸水するなど水害ニュースがあったのですが、場所によりけりなんでしょうか?
 聞いた話だと来週水没する可能性大とか・・・ネットやブログだとゴミが落ちてたり落書きだらけと書いてありましたが、やっぱり素敵な町並みですね。
Posted by yuu at 2008年12月20日 11:34
僕が行った時は、まさに「アクア・アルタ(浸水)」の3日前でした。超ラッキーです。
浸水も規模によって混乱具合が変わってきますね。
その後にたまたまオルヴィエートで会った旅行者に聞いたのですが、日本人の30名くらいの団体が、ちょうどサンマルコ寺院の中を観光している時に高潮が来て、3時間も中に閉じ込められたらしいです。やっぱり天気は晴れた方が観光には良いですね。
落書きは僕は気にならなかったな。ローマなどに比べればとても綺麗な町でしたよ。あと物価が高い分、安全な感じもしました。
Posted by Tsuyoshi at 2008年12月20日 17:43
ヴェネチア、良いですね〜。
新婚旅行を思い出します。
我々が行ったのは秋だったので浸水の心配はありませんでした。
レストランを探してさまよったのも今となっては良い思い出かな?

次回レストラン編、楽しみにしております。
Posted by Toshi at 2008年12月22日 00:02
Toshiさんへ
新婚旅行でベネチアですか、良いですね。やっぱりベニスはカップルの旅行に向いていると思います。
ベネチアのレストラン探しの難しさは、今回僕も旅行して痛感しました。
旅行から戻って来た後、ベネチア近郊在住の日本人の知り合いに聞いたのですが、彼女にとっても難しいんだとか。
ローマとベニスは美味しいレストランを見つけるのが難しい町の筆頭ですね。
Posted by Tsuyoshi at 2008年12月24日 20:15
いいですね〜
私、4月に母と、母の姉妹と4名でイタリアへ旅行するんですよ。
ヴェネチア1泊ですが、母や叔母たちにも一生の思い出になればいいかな?と。
リド島宿泊は思いつきませんでした。探してみます。
ちなみにどちらのホテルに泊まられたのですか?

私は10年くらい前にヴェネチアに一度行ったことがあるのですが、おいしいレストランを見つけるのが大変でした。
友達と、期待をこめて張り切っていろいろ食べたのですが、ちょっと???でした。

なので、とても嬉しい情報です。
Posted by 菅原佳江 at 2009年01月23日 16:01
> 菅原佳江さんへ
はじめまして、こんにちは。
僕が泊まったベネチア・リド島のホテルは「Le Boulevard Hotel Venice」というところです。下記URLに詳しい情報を掲載しています。参考にしてください。
http://www.amoitalia.com/venezia/hotel_boulevard.html

島の宿泊は本当に快適で、安いホテルを探して行きついたラッキーな偶然でした。お勧めです。ハイ。
Posted by 堂 剛 at 2009年01月23日 16:34
ありがとうございます!!

Posted by 菅原佳江 at 2009年01月27日 17:05
初めまして。
突然失礼いたします。
東京で番組制作をしているものです。
番組についてご相談させていただきたいことがございますので
一度メールをいただければ幸いです。

何卒よろしくお願い致します。
Posted by KATSUMATA at 2016年04月22日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 2003-2018 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa