BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2009年01月22日

「Seven Pounds(7つの贈り物)」を見てきました

7つの贈り物
ウィルスミス主演の『7つの贈り物』とても良かったです。ボク涙。お勧めです。



今日は水曜日、映画の日です。あ、これはイタリア=オルヴィエートに住んでいる僕の話しネ。
イタリアの映画館の料金は町によって決まっているようです。フィレンツェは7.5ユーロだったかな?オルヴィエートは6ユーロです。そして割り引き日が週に一回あります。フィレンツェはたしか木曜日で、オルヴィエートは水曜日。だから僕にとって毎週水曜日は映画の日なんです。入館料4.5ユーロ(約600円)ですよ!!!安いでしょ。


そして今日は、見逃さないように手帳にしっかり書いておいた『7つの贈り物(Seven Pounds)』の上映日でした。ウィルスミス(Will Smith)主演、イタリア人監督ガブリエレ・ムッチーノ(Gabriele Muccino)の作品です。同じタッグで2006年には『幸せのちから』(なかなか良かった)も製作していますね。


この作品は先の見えないストーリーを楽しむ映画なので詳しいことは書けませんが、簡単に書くと、、、
ある男(ウィルスミス)が自分の生活を投げうって、見知らぬ人の人生を変えようと躍起になる。その必死さの奥に見え隠れする彼の暗い過去、たまに見せる彼の傲慢さ、、、彼は何を求めて、何を与えようとしているのか・・・。


なんだか宣伝文句みたいになってしまいましたが、こんな感じです。ね、面白そうでしょ?僕がつける『7つの贈り物』の評価は8点、いや、8.5点あげちゃおうかな。映画で滅多に泣かない僕が、最後の1シーンで涙を流してしまいました。感動映画です。あ、ただ、周りのイタリア人は泣いていなかったみたい・・・なんで???


日本での公開は2月21日からだそうです。ちょっとベタで、暗いですが、愛に飢えている人はぜひ見に行ってください。お勧めですよ。ハイ。
(『7つの贈り物』公式サイトです


イタリアの映画館はほとんど宣伝がなく、電気が消えたらいきなり本編が始まって、エンディングロールに入った瞬間に電気がつきます。おかげで感動の余韻にまったく浸れなかった。。。しかも前に座っていた女の子が急に振り返ったので、涙ポロポロの僕とばっちり目が合ってかなり恥ずかしかったです。ハイ。
posted by Tsuyoshi at 05:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、この映画の監督はガブリエル・ムッチーノだったんですね!シルヴィオ・ムッチーノのお兄さんですよね?これは見てみたい!

イタリア的恋愛マニュアル、わが人生最良の敵を見て以来弟のシルビオ・ムッチーノのファンです。

ワタシも映画を見るなら水曜日です。だって¥1,000ですもん。
Posted by kappa at 2009年01月27日 00:32
> kappaさんへ
シルヴィオ・ムッチーノ、人気ですねぇ〜。舌ったらずな話し方もまた女心をくすぐるのだとか。たしかに愛嬌があって可愛いですよね。
Posted by Tsuyoshi at 2009年01月27日 07:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 2003-2018 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa