BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2009年11月13日

ローマでツタンカーメンに会った

tutankhamun in rome


この写真、面白いでしょ。
イタリアの観光地に行くと、ストリートパフォーマンスの人が結構います。本来、ツタンカーメンの芸は無言で直立不動するという過酷なもの。人間誰しも疲れるときがある。ツタンカーメンにも休息が必要なのだ・・・。


先日仕事でローマに行ってきた。オルヴィエートから電車でわずか1時間なのに実に1年ぶりの訪問だ。まず驚いたのが駅前が綺麗になっていたこと。5年前のローマといったらテルミニ駅前は雰囲気が悪く、ドラッグ常習者らしき人が寝転んでいたが、今ではすっかり明るい印象だ。


久しぶりにローマに来たのは仕事のため。観光記事用に写真を撮るという、僕にとっては最高に楽しい任務だ。原稿は前日までに仕上げていたので、あとはイタリアの魅力が伝わるような写真を撮るだけだ。


オルヴィエートに遊びに来ていた友達と連れ立ち、ピンチョの丘、スペイン広場、ナボナ広場、パンテオン、トレヴィの泉など観光名所を巡る・・・


最後はローマのメインスポット、コロッセオ。夜のフォロロマーノはミステリアスで少し肌寒い。すると目の前に闇に光る人影が見える、、、そう古代エジプトのファラオ、ツタンカーメン。悠久の風景に溶け込むかのように座り込んだ彼の姿からは、王の風格というよりも、高田馬場で終電を待つサラリーマンに似た哀愁が漂っている。


足下にある空き缶には、十分な金貨が入っているのだろうか。一点を見つめて動かないその仮面の下は、エジプトの家族を思って熱いものが頬を伝っているかもしれない。。。




PS. 11月29日にNHKのラジオに出演予定。よかったら聞いてください。
全世界同時生放送、インターネットでも同時放送しているそうです。
11月29日、日本時間17時すぎ
ラジオ第一「地球ラジオ」
10分ほどの「世界井戸端会議」というコーナーです。
http://www.nhk.or.jp/gr/


タグ:ローマ
posted by Tsuyoshi at 06:28 | Comment(8) | TrackBack(0) | イタリア旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツタンカーメン王、寒そうで毛布でも掛けて
あげたい…(笑)

こんにちは。ご無沙汰しています。
去年のちょうど今頃はイタリアに居て
オルヴィエートも訪ねたのだと思うと感慨深いものがあります。
次はローマを中心に再訪したいと思っているので、
このレポートにはピキッです(^^)
夜なんて怖い感じのするテルミニ駅が綺麗に
なっているなんて嬉しいですね。
是非最新ローマ情報公開して下さい。
楽しみにしています。
Posted by amada at 2009年11月13日 12:07
こんにちは。駅が綺麗になっているとは何て素敵な事でしょう。麻薬など、氾濫していると聞き怯え気味の私でしたが・・・・・・チョット安心しました。
勝手に報告、アマルフィ・女神の報酬DVDを予約しました(^^)vオープニングとエンディングのクリスマスの映像がとても感動でした。私の未来はあそこにあるんだと強い感情に駆られました。来年の今頃は、イタリアです!情熱を胸に☆
Posted by mari at 2009年11月13日 23:05
> amadaさん
ファラオ、寒そうでした。
写真撮っている間、身動き一つしなかったけど大丈夫だったのかな。これから数日間、ローマの写真をアップしていきます。お楽しみに。
> mariさん
アマルフィ・女神の報酬おもしろいようですね。アマルフィはなかなか魅力的な土地でした。お勧めですよ。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2009年11月14日 07:36
本当に良い写真ですね。
雰囲気が物凄く伝わってきます。
斜め上を向いて座っているのが郷愁を誘いますね。
Posted by Yusuke at 2009年11月14日 08:00
つよしさん、最近写真の腕が上がったようですね。(何回もカメラを盗られただけのことはありますね)
近頃のBlogの写真がとてもいいので、ついついコメントしちゃいます。

今Orvieto時代の友人とキムチ鍋を食べながら、イタリア話で盛り上がってます。
またつよしさんの家でみんなでムール貝でも食べながら語り合いたいですね。

Romaネタも楽しみにしてます!!
Posted by Ami & Nao at 2009年11月14日 20:38
> Yusukeさん
はい、このファラオの写真のタイトルは「郷愁」にしましょう。
> Ami & Naoさん
で、誰なんでしょう?僕の家でムール貝を食べたって???アミさんっていう留学生はいなかったような・・・でもキムチ鍋とは羨ましいです。ハイ。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2009年11月15日 23:14
遅い書き込みお許しください。
同一人物かわかりませんが、3年前フィレンツェで目撃しました!ウフィッツィ美術館の壁際で直立不動のファラオ・・。
手持ちの写真を貼り付けられないのがもどかしい!このローマの画像とそっくりです。
Posted by kana at 2009年11月30日 03:52
> kanaさん
ファラオはおそらくイタリア中にいます。まるでアミューズメント施設のキャラクターのようです。なので入っている人は違うと思いますよ。同じ人だったら疲れている理由が分かるような気がしますね。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2009年11月30日 16:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 2003-2018 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa