BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2010年02月07日

ムードたっぷり、夜のトレヴィの泉

トレヴィの泉
ローマの夜景の美しい名所その(3)は、誰もが知っているトレヴィの泉だ。



トレヴィの泉って、日中は子供向きのテーマパークのような陳腐さがあるんだけど、日が暮れて観光客が減る時間になるとぐっと大人のムードになります。これがうっとりする美しさなんだよな。夜中にふと目が覚めてトイレに行くと、居間から明かりがもれていて、大人たちがつまみと一緒に楽しそうにお酒を飲んでいる、なぜかそんな光景がよみがえります・・・。


トレヴィの泉に「後ろ向きでコインを投げ入れると願いがかなう」っていう言い伝えがあるよね。子供だましのような話だけど、これがなかなか興味深い。「1枚投げれば再びローマに戻ってこられる、2枚で好きな人と一生添い遂げられる、3枚だと嫌いな夫(妻)と別れられる」。最後のは離婚が難しいカトリックの国ならではです。


でも良く考えてみると、世界に誇る観光名所「トレヴィの泉」、大勢の観光客の中で後ろ向きでコインを3枚も投げ入れるって相当な「想い」が必要だ・・・。これはもう執念だろう。
だからって「一生を添い遂げる」ってのも僕には少々怖い気がする・・・。ローマに帰って来られるくらいが当たり障りがなくて良いと思うよ、ハイ。

【2010年2月7日 堂 剛】
タグ:ローマ
posted by Tsuyoshi at 06:41 | Comment(10) | TrackBack(0) | 写真で見るイタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ
一枚の『再びローマに戻ってこられる』っていうのがなんだかとてもいいな と思いました!
また行きたいなって思う街で、だれもがすぐに行ける訳じゃないローマ・・!とくに日本からはとても遠くて

その気持ちを、わかってるよっていってるような(笑)云い伝えが、みんなを魅了する街ならではだな〜と。

Posted by bun at 2010年02月08日 01:31
はじめまして。
数ヶ月前にイタリア語の勉強を始め、以来読ませてもらってます。

学生の頃の研修団体ツアーで、ローマに着いて最初に連れて行かれたのがトレヴィの泉でした。
コインを投げ入れたくとも小銭がまだない。お金をくずすべく近くの店でポストカードなんかを買っていたら、「あいつらはどこへいったんだ!?」ってことになっていたらしく、戻ったら怒られてしまいました。で、結局コインは投げ入れられず。
翌日、フリーの時間にまた訪れましたが、人が多すぎたからか、なんとなく投げそびれて。

それから十数年。未だにローマに戻ることができていません。あの言い伝えって・・・と考えずにはいられない。
次にまた行くことができたら。自分も大人になってることだし、夜のローマを歩きたいです。
その時はきっとまたコインは投げ入れないでしょうね。そうすることでまた訪れることを願って。
Posted by yura at 2010年02月08日 03:54
こんにちは。
トレヴィの泉!毎回ですが、この写真もすごくステキですね。
私がトレヴィの泉を訪れたときも、Yuraさんのように、人が多すぎて、その多さに圧倒されてしまいました。写真も、絶対にこんなふうに撮れない!!知らないオジサンが写ってたり・・・・
しかし、年を重ねると人間ずうずうしくなるのか、どんなに人がいようとも、笑顔で、ぐいぐい前に行き、コイン、投げてきました。
私は、欲張って、4枚も5枚も投げてきたような気がします。(こまかいコインって、使うの難しかったりするので・・・)
私も、一生、添い遂げる・・・のは、ちょっと怖いな。
友達のパパが言ってた言葉を思い出しました。「ローマは重要な街なんだよ。ユーロの玄関なんだから。」って。
再び、ユーロの玄関に立てるといいなぁ。
Posted by kurogoru at 2010年02月08日 12:39
> bunさん
日本の裏側にある美しい町にまた戻ってこれるとなると、それはコインの1枚も投げますよね。投げ入れられたコインは町がきちんと回収して慈善事業団体に寄付されているそうです。
> yuraさん
十数年ローマを再訪していないってのは、ローマの祟りですね(笑)。たしか小銭が「円」でもきちんと回収されて寄付されるそうですよ。チリも積もればってことなんでしょう。でもやっぱりユーロコインを投げたいですよね〜。
> kurogoruさん
はい、年を重ねると人間『たくましく』なりますね(←ちょっと言葉を和らげてみました、笑)。夜は人もまばらで良いですよ。ユーロの玄関口か。頑張って欲しいですね。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2010年02月08日 18:16
去年夜に訪れた時に初めてあんなに美しいものなのだと知った次第です。

私は日本人らしく、前を向いて振りかぶっての全力投球でコインを投げました。
横にいたおじさんがずっと不思議そうに見ていました。

御利益は無いかも知れませんが、自力で是非また観に行きたい場所の一つです。
Posted by Yusuke at 2010年02月09日 06:00
私は日中に行きました!凄い人がいて財布取られそうなので、そそくさと退散した記憶が・・・
夜は人がいなくてかつ、神秘的ですね。
今度行ったら夜に行きます〜。
時々3枚投げそうになる 笑
Posted by zuozuomu at 2010年02月09日 23:57
> Yusukeさん
全力でコインを投げるって、なんだか怖い。。。僕も隣にいたら不思議な目で見そうです。僕最近フィレンツェに宿を確保したので月2のペースで来ています。もし良かったら一度カフェでもしませんか?
> zuozuomuさん
たしかに日中はスリに遭いそうで怖いよね。僕も用心しています。夜は空いていて良いですよ〜。「時々3枚投げそうになる」、笑っちゃいました。でもなるべく投げないようにね。いっそのこと4枚投げてみたら?なにか奇跡が起きるかもよ。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2010年02月10日 03:01
是非カフェしましょう!
宜しければ月2の予定を教えて頂けますでしょうか。
Posted by Yusuke at 2010年02月11日 04:49
> Yusukeくん
次にフィレンツェ滞在は2月20日〜24日頃で、21日か22日なら今のところ予定が空いています。食事しよう!僕の居候住まいはスーパーマーケットSTANDAの近くです。分かる?よかったらメールでもくださいな。Buona giornata!!!
Posted by Tsuyoshi Doh at 2010年02月11日 16:56
> Yusukeくん
友達連れてきてもいいよ。僕がごちそうするからね。当方女子います。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2010年02月11日 17:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 2003-2018 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa