BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2010年07月12日

我が家に雷が落ちた、そして家電死亡。

オルヴィエートの夏の夜


先日、ワールドカップが盛り上がっている最中、オルヴィエートがゲリラ豪雨におそわれた。山に囲まれた中部イタリアでは夏に雹(ひょう)が降ったり、雷鳴が轟いたりはそれほど珍しくないのだが、今回のはちょっと規模が違うように感じる。雲が渦巻く灰色の空では10秒おきに稲光が瞬き、耳をつんざくような轟音が地を揺らす。家じゅうの窓がビリビリと共鳴するくらいだから、僕の人生でも最大級の嵐だろう。


これはちょっと危険だな、と感じたその瞬間、僕の家に雷が落ちた。いや正確には隣の母屋の屋根に落ちたのだろう。すさまじい轟音とともに家が揺れた。
ドォーーーーン!
間違いない、僕の寿命は10日は縮まった。これで120歳の誕生日を迎えるのが少々難しくなっただろう。僕は若くてピチピチしているから良かったものの、心臓の弱い人だったらショック死しそうな衝撃である。


恐怖から目覚めると、部屋の電気が消えている。
嵐の時にブレーカーが落ちるのは良くあるが、気のせいか銅線が燃えたような異臭がする。
おそるおそるブレーカーを上げると、部屋の電気は点灯して一安心。だがおかしい、テレビが点かない、そしてパソコンの充電器の電源も・・・。


後日聞いたところによると、母屋のアパートのほぼ全世帯で家電がショートしたそうだ。僕の家の被害は3年目のテレビとノートPCの充電アダプター。
テレビはまだしもパソコンが使えないのは死活問題だ。思案した結果、ローマに行くことに決意する。パソコンのアダプターを手に入れるにはローマかフィレンツェに行くしかないのだ。ついでにテレビも買わなきゃいかん。


今回、12時間だけテレビとパソコンのない生活を過ごしたが、これはもう悪夢のようだった。笑っちゃうくらいやることがない。
まずニュースが手に入らない。天気予報も見られなければ、天秤座の明日の運勢も分からない。普段まったく気に留めないような高速道路情報ですら知りたくなってくるから不思議だ。音楽も聴けないし、DVDも見られない。最後は読書に耽るか、食事をするくらいしかやることがないのである。これで祈り始めたら聖人の完成だ。


その翌日の昼、不慣れな都会の運転にヘトヘトになりながら無事に薄型TVを購入。12時間堪え忍んだパソコンの電源アダプターも手に入れて今回の冒険物語は終了した。雷一発で約300ユーロ(3万5千円程度)が飛んだことになる。不幸中の幸いは冷蔵庫と洗濯機が無事だったこと。これらまで壊れていたらきっと20万円くらいの出費だっただろう。


ワールドカップ放映の時間にぎりぎりセーフ。新しいテレビを抱えて嬉々として帰宅した僕だが、どうしてもテレビが映らない。1時間格闘した結果わかったのが、雷によって屋根のアンテナが焼け焦げたということ。結局テレビは諦め、溜まっていたメールの返信に精を出した。


今回わかったこと、それは無人島に送られたら僕はきっと気が狂うということだ。テレビとパソコンのない生活には戻れないと痛感した。世界中が無線LANで覆われ、パソコンの電源が不要となるような技術革新が訪れる日まで、無人島に流されるようなヘマはしないと心に誓ったのである。ハイ。

【2010年7月12日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】(写真:オルヴィエート・ドゥオモ広場にて)
posted by Tsuyoshi at 02:37 | Comment(21) | TrackBack(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変でしたね・・・。
でも家が火事になったりしないで良かった。

うちも昔落雷があって、テレビやビデオが全部壊れたことがありました。
テレビがないと本当に不便ですよね。
Posted by ひさ at 2010年07月12日 09:41
雷でそんな被害になるなんて・・・(T_T)
でも無事で何よりです☆彡
・・・屋根のアンテナが焼け焦げたって事は・・・もしやテレビは無事だったんですかね(+o+)
Posted by hanna at 2010年07月12日 15:11
お疲れさまでした^^;
こんなことってあるんですね(冷〜)
ご自身に被害がおよばなくて何よりです。

美しいイタリアの風景さえあれば何もいらない。。。
なんてことはやはりないですよね^^;
とくにボクら東京出身者は。

残念ながら我らがAZZURRIは満足のいく結果が出せませんでしたね。
まずは国内リーグの強化。そして次世代の
バッジオ、デルピエロ、トッティの出現を
待ち望むばかりです^^
Forza Italia!!!!
Posted by JUN at 2010年07月12日 15:16
東京でもゲリラ豪雨多いです。
でも本当に家電だけでよかったですね。
ご無事でなによりです。
Posted by ilcinghiale at 2010年07月12日 16:57
予想外の事が起きると
「繋がっている。」って事の重要さにあらためて気付きますね。
情報のない状態というのはしんどいです。
特に海外で一人暮らしだと、さすがの上級者のツヨシさんでも辛いだろうとお察し致します。
Posted by keromi at 2010年07月13日 01:56
堂さんの心臓がぴちぴちで良かったです。
フィレンツェも急に嵐みたいに風が吹いて雹が降ったりしますよね。それを見ると、自然って怖いなと思わされます。
でもなにより無事で良かったですね!
Posted by Yusuke at 2010年07月13日 04:12
こんにちは。昨日の夜の嵐ですね・・。ミラノも凄かったですよ。あんなの初めてかもしれません。ホント、火事にならなくて良かったです。全部、燃えてしまったらトンでもないですからね。
雷と雨で涼しくなりましたが、雷は鳴らない方がいいですね。晴天でも鳴る時が一番怖いです。
Posted by mari at 2010年07月13日 04:53
> ひささん
本当にね、テレビないと不便だよね〜。今回の騒動で一番痛感しました。あと雷の音を聞いたらなるべく家電のコンセントは抜いた方が良いね。留守中におこって、発火でもしたら怖いよね〜。

> hannaさん
一瞬ね、僕も思ったのよ、アンテナだけでテレビは壊れていないのではと。でも電源すら点かなくなったので、死亡を確認しました。16時03分。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2010年07月13日 04:56
> JUNさん
東京のマンションに住んでいた僕なんかは、こういう自然の恐ろしさをほとんど認識していないんだなぁ、と改めて感じました。アッズーリは・・・うん、今年はなかったということで。

> ilcinghialeさん
たしかに無事でなにより。家の外にいなくて良かった。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2010年07月13日 04:59
> keromiさん
僕ね、別に海外生活の上級者じゃないよ(笑)。しかもサバイバルとか無理、ムリ!虫怖いし、イタリア語話すの苦手だし、ネットサーフィンとか大好きだし。たまに何でオルヴィエートにいるんだろうと疑問に思います。

> Yusukeくん
心臓ね、まだ大丈夫のようです。ピチピチとは書いてみたものの、運動不足とコレステロールで意外と機能落ちているかも。昨日までフィレンツェにいたけど、死ぬほど暑いね!あの暑さはヤバイ!
Posted by Tsuyoshi Doh at 2010年07月13日 05:04
つよしさん、彼女とは上手くいってますか?また結婚のご予定はありますか?宜しければおしえてくださーい”
Posted by kaka at 2010年07月13日 18:29
ご無事でなによりです。

私の場合、TVは大丈夫だけど、PCのない生活は考えられません!!!
ネットができないなんて、世界から取り残された気分になっちゃう。

普段TVは見ない方なんですが、イタリア旅行中、ホテルではなぜかチャンネル5を流してました。
イタリア語は全く分かんないんですけどね。
朝、何度も何度もながれる、ニュース・天気予報・道路情報・星占いが、なんか「イタリアにいる〜」って感じがするんです、私。
Posted by kitty_m at 2010年07月13日 23:25
> kakaさん
き、き、きみはだれだ?だ、だ、誰かからの回し者なのか?

> kitty_mさん
PCなしは辛いよね。僕なんかも全く仕事できなくなるんで大変です。Canale 5 の朝のニュースは僕も付けっぱなしにしています。流してみるのにちょうど良いんですよね。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2010年07月14日 01:36
こんにちは!
七夕のころに、堂さんに初めてお会いしたなぁ
と、お久しぶりにこちらをのぞいてみたら…
大変だったんですね!
でも、死亡したのが家電のみで安心しました!
お大事にしてください。
Posted by miya at 2010年07月14日 05:41
そんなことが起きるんですね!一生に一度経験するかしないかってくらいの確率ではないでしょうか・・・。アンテナが焼けこげるって・・・怖いです。おつかれさまでした。

私は普段それほどテレビは見ないのですが、パソコンがなくなったら困るなー。でも、それ以上に携帯もなくなったら困るかも・・・。以前、友達と待ち合わせの時に1人が携帯を忘れて、連絡が取れず会うのに苦労したことがあります。今は駅の伝言板もあまり見かけないし、公衆電話の数も激減していますからね〜(^^;
Posted by Junko at 2010年07月14日 08:04
 それはそれは、災難でしたね。2年くらい前に、わたくしの家の近くの、変電システムに落雷したことがあります。その影響で、私のうちでは、玄関の「チャイム」がショートしてしまいました!

 落雷した日は、我が家では電気がつかないので、懐中電灯と蝋燭の明かりでl'ultima cenaさながらの夕飯を取り、何も情報が得られませんでした。唯一つかえたのはラジカセのラジオぐらいなもんです。それでも雷がひどかったので、ガーガーうるさかったのですが。
Posted by Sasaki at 2010年07月14日 16:47
> miyaさん
お久しぶりです。そうですか、もう一年経つのですねぇ〜。今年も8月に帰国するので、東京で会いましょう。メール返信しました。

> Junkoさん
僕はあまり携帯を使わないのであまり困らないかな。こういうアクシデントが起こると、自分の生活が様々なものに依存しているのが浮き彫りになりますねぇ〜。

> Sasakiさん
ろうそくの明かりで夕食とは優雅です。ヨーロッパでは「ブラックアウトデー」(たしかこんな名前)と言って電気を使わないで1日を過ごしたりしますね。テレビを1日点けないというイベントデーもあります。文明に頼りすぎない試みというのも大切かも知れませんね。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2010年07月15日 02:34
剛くん・・・
大変でしたね

こちら
日本では
考えられないような大雨が
あちら こちらで
降り・・・大変 大変

2008年 夏に
金沢では
朝方の雨で
女川と呼ばれている
『浅野川』が氾濫しました
あれよあれよという間に
川が溢れ 水は怖いと
実感・・・

2010年 梅雨明け前に
日本各地を 
水漬けにしています
テレビの画面からは
沼のなかに 
家が点在しているような
腰まで水の中で
危ない......
この人はどこを歩いているんだろう とか
それは それは
大変な状態
災害にあった人たちのことを考えると
胸が痛みます

最近では
空が黒く暗くなると
怖くなります
激しい雨音になると
近くの川が氾濫しないかと
心配になります

話は変わりますが
9月上旬
イタリア上陸!!!!!
フィレンツェから旅がはじまります
詳しくは  後日に

それでは
イタリアでも 日本でも
息災に暮らせますように 

Posted by コト奴 at 2010年07月15日 17:30
お久しぶりです
自然の力には勝てないですね(汗
こっちは梅雨で全国の川が氾濫してます

僕は昔、帰宅途中に目の前の家に雷が落ちたことがあります
一瞬視界が真っ白になったのを覚えています
あれは確かに寿命が縮まりますね

寿命120年・・・油ものを控えないといけませんね(苦笑
Posted by 秋月 at 2010年07月15日 17:35
> コト奴さん
日本のニュース見ました。大変のようで心痛みます。9月にイタリアですか。良い季節ですね。今猛暑が襲っているので、9月には落ち着いていると良いですね〜。

> 秋月さん
自然が怒っているのでしょうかね。食生活もそうなのですが、もう少し運動しないと110歳も難しいかもしれません。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2010年07月18日 19:38
はじめてBlogを拝見しました。
イタリアが好きなので色々検索していたらこちらのBlogに。
素敵な写真、見入りました!
私も少しですがBlog作成しています。
イタリア、良いですね。
今後の旅の参考にさせていただきます。
Posted by yumi at 2010年07月20日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 2003-2010 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa