前の記事 TOP 次の記事

2011年03月10日

長友ブーム、現地イタリアではどんな反応!?

Inter Milan


一足遅いが・・・
日本では長友のゴールにさぞかし盛り上がったことだろう。僕はイタリアにいながら、試合は見ていないし(セリエAは全試合、有料衛生放送なので)、試合後のニュースも見ていないので、日本のニュースで初めて知りました。逆輸入です。で、その後もあまりテレビ見ないのですが、さすがに一人の東洋人が初ゴールを決めたぐらいでは、現地でのニュースバリューは低く、ゴールシーンなどは結局見られずじまいです。


このままではちょっと悔しい、僕もお祭り騒ぎに参加したい!ということで、イタリアでのニュースでの反応を検索してみました。するとEurosportというスポーツニュースサイトが長友を小さいながらもピックアップしていたので、その記事を簡単にまとめてみます。


タイトルは『インテル、エトーと梅干しのあいだで・・・』
いかにも意味深(もしくは意味不明)のタイトル。記事の前半はエトーの記録的なゴール量産について熱く語っています。エトーはなんと1試合あたり平均0.789ゴールを挙げているそうです。4試合ごとに3ゴールというのは確かに驚異的ですね。そして最後に長友について可愛らしい記者のコメントがあります。


『長友の秘密 ー でもインテルはエトーやパッツィーニだけではない。ゴール量産機や記録だけではないのだ。インテルにはNagatomoもいるのだ。彼はジェノア戦でイタリアリーグ初ゴールを決め、お辞儀でサンシーロのスタジアム多くの観衆を沸かせた(もちろん大部分が日本からの観客だが・・・)。
長友はインテルのロッカールームで特別な役割を担っている。1つは彼のその底抜けの笑顔でマスコット的な存在、そしてもう一つは疲れることを知らないサイドバック。疲れない秘密?長友自身が彼のブログの中で認めているが、それは塩漬けのプラム「梅干し」のようだ。「とても酸っぱくて疲れを癒すのに効果的なんだ。試合の前には必ず食べているよ」。ACミランとバイエルンに追いつくためには、彼が持っている在庫をチームのみんなで分ける必要があるかも知れない・・・』
出典:Eurosport


うん、なかなか好印象な記事だね。長友の笑顔はヨーロッパでも評判良いようです。ハイ。


【2011年3月9日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】(関連情報:ミラノのインテルショップ

posted by Tsuyoshi at 07:35 | イタリアのニュース

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa