BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2011年03月17日

イタリアから「がんばって!」の声、続々到着!

イタリア、地震エールフィレンツェの町に翻る日の丸。2011年3月17日はイタリア統一150周年で各地で祝賀式典が行われています。
イタリアのトリコローレ(三色旗)と一緒に、日本へのエールが聞こえてくるようです。



僕は2003年に開設したイタリア人と日本人とのコミュニティサイト(掲示板)を持っていますが、そこにイタリア人からの応援の声がたくさん届いています。遠くイタリア人も日本にいる皆さんのことを心配して、そして応援しています。元気がでるメッセージばかりです。

私の心は日本と日本の皆さんのすぐそばにあります。がんばって。私は日本が本当に大好きです。今回のことは私の心痛めています。早く復興することを願っています!!!
ステファニア(29才)


こんにちは!今朝、下記のような活動を知りました。イタリア赤十字による、日本の震災・津波被害者への支援です。携帯からSMSを1通送ると日本に2ユーロの援助ができます。震災にあったの日本の方々を助ける良いアイデアだと思います。ガンバッテ、ニッポン!!!
ミケーレ(フィレンツェ)


僕はいつも君たち日本人のそばにいるよ!
ファブリツィオ


友達である日本人へ。僕は君たちについているよ。みんなのために祈っています。
ルカ


世界を駆け巡る映像を見ましたがとても悲惨でした。日本の皆さんに大きな愛情を送ります。とても悲しいことですが、早く元の状態に戻ることを願っています。
クリスとエリカ


がんばって!今回起こったこととても残念に思っています。日本大好きです!!皆さん全員のために祈っています。
K(33才)


日本がんばって!!!!!
ALE(ヴェネツィア)


【2011年3月17日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】(関連情報:イタリア掲示板:ベルジャッポーネ
posted by Tsuyoshi at 01:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | イタリアから見た日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ローマ在住者です。
私の周りのイタリア人も温かい言葉および心配をしてくれて、本当に元気がでます。

一方でアリタリア航空の対応には閉口するばかり。
この非常事態のため渡航をキャンセルしたり延期したりせざるを得ない人が続出していますが、
他の航空会社(JAL、ANAはもちろんLHやBA、AFなどのフラッグキャリア)は変更手数料や
キャンセル料を免除・減額したりしてくれているようですがアリタリア航空は一切の考慮をしてもらえません。
”元々の規定通り”キャンセル料を根こそぎ取りに来ています。

加えて昨日明らかになったのが成田発着を関西空港発着へ変更するという一方的な通知と、
関空までの移動は自腹&自己手配とのことです。
他の航空会社はソウル経由や香港経由を使うことで自社職員の日本・首都圏入りを避け、
かつ乗客を成田へ送り届ける義務を果たしてくれています。

もはやアリタリアは格安キャリア並に成り下がってしまったのでしょうか。。。
ライアンエアーにこういう事をされても文句は言わないでしょう。

温かくて優しいイタリア人気質と冷たくて融通の利かない(コネは利く?)企業体質。
これもイタリア、と言えばそうなのかもしれませんが、嬉しさと悔しさが半分半分です。
Posted by Jos at 2011年03月17日 16:30
 私もペンパルから安否確認と労いの言葉をイタリアから受信しました。ダイレクトな被災地と比べれば、比べるものにならないくらいましな関東地方に住んでいる中にいるとはいえ、文字通り心を動かされる思いです。さらに、民放は表立って伝えませんでしたが、昨日は天皇陛下から労いの言葉がありました。
 陛下のお言葉もさることながら、彼らの心を糧に我々日本人は踏んばらなければならない、と思います。Forza noi!!
Posted by Sasaki at 2011年03月17日 18:53
こんにちわ。
私が住んでしるのは仙台です。一応、私も被災者なわけですが、沿岸部ではないので、津波の被害も無く、自宅で過ごすことが出来ています。
とにかく、家の中がめちゃくちゃで、やっと電気がついても、ネットに接続できずにいました。携帯にイタリアの彼から電話があり、私は無事を伝えることが出来ました。
彼がfacebookの掲示板に私の無事を書き込んでくれて、皆安心したようです。
それでも、facebookには、毎日励ましの言葉と「出来る事があったら言ってね」という暖かい言葉。本当に感謝しています。
イタリア人の情のあつさに感動しています。
地震、津波、ときて、福島の原発の事故。この事はヨーロッパにも大きく影響を与えたと聞いています。
「危険な放射線は来てないの?」「イタリアに避難にくればいい」とまたまた皆心配してくれています。
色々な情報が交錯していたり、イタリアに行きたいのはやまやまですが、今は日本で家族と支え会いながら、もっと被災した方々の為に、被災情報などを発信していこうと思っています。
昨日、物置を探したら、イタリアから買ってきた豆たちが出てきて、お昼はパスたファジオリにしました。
ガスが復旧の見通しが立たず、ストーブでの調理です。
それでも、毎日なんとか楽しくやっていけるのは、彼らからの励ましの言葉、ねぎらいの言葉のおかげだとおもっています。
また、今度会った時に、たくさんたくさんお礼を言わなくちゃ。
つよしさん、ありがとうございます。
Posted by kurogoru at 2011年03月19日 12:46
こんにちは。
イタリアの方々からの心配り素敵ですね。
わたしは3日間、静岡出身の桃華絵里さんの立ち上げた支援物資作業のお手伝いをさせて頂いていました。
みんななにかをしたいという心はもっていて、キッカケさえあれば行動にうつしています。
支援を立ち上げる人、それを支える人達、物資を自分達の備蓄の中から持ってくる人達、直接物資を運ぶトラックの運転手や船乗りの方々、現地でその物資を受け取りさらに物資を分ける方々…
心の和が広がってます。
世界中からの日本への支援、応援メッセージも素敵です。

つよしさんの心もみなさんに届いていますね。

人ってあったかいですね(^^)
被災地の方々にも色んな意味で、早くあったかくなって頂きたいです。
Posted by kanako at 2011年03月20日 17:51
> Josさん
各企業、色々な対応ですよね。横一列とはいかないでしょうから、割り切って考えるしかないでしょう。それにしても今も予断を許さない状況で、被災地の方々の無事と健康を願っております。

> Sasakiさん
遠くの友達の声は、より一層温かく感じますよね。

> kurogoruさん
不自由な生活が強いられていると思いますが、がんばってください。私も、イタリアの多くの人が皆さんを応援しています。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2011年03月20日 17:59
コメント失礼します。
地震から早2カ月が経ちました。
世界中からたくさんの支援やメッセージに感謝の気持ちでいっぱいです。
少しずつですが、日本は復興しています。
世界中の皆さまのサポートのお陰です。
この場をお借りしましてお礼を言わせてください。
世界中のトモダチへ
心からありがとう。大好きです。
Posted by miyan at 2011年05月23日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 2003-2018 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa