前の記事 TOP 次の記事

2013年03月18日

イタリアで振込詐欺に注意

vatican.jpg

今回はイタリア在住の方へのメッセージです。
昨日、不動産を利用した振り込め詐欺被害に遭ったという、イタリア在住の日本人男性からメールがありました。これ以上日本人に被害を拡大して欲しくなく、ブログに掲載して欲しいとのことでした。
以下にその内容を掲載いたします。イタリア在住で引っ越しを検討されている方は十分にご注意ください。


===
2013年3月14日
ローマにて仕事を見つけたため、エミリア=ロマーニャ州の自宅からインターネット経由でアパートを探し、求人・告知サイトでアパートを見つける。イタリア人妻によりイタリア語でメールを送信したところ、39歳の自称イギリス人から英語のメッセージが届き、現在イギリスに帰国したため、UPS社を通じて鍵を自宅に送付するためUPSの指定口座に1家月分の家賃及び保証金合わせて870ユーロを振り込むように請求。この時点では詐欺とは気づかず870ユーロを妻の預金口座から送金。

ところが翌日UPSからメールがあり、既に送金した口座は受け取りが遅いため他の口座に同額を振り込み、後に返金との連絡があり、870ユーロを新たな指定の口座に振り込む。この時点で先方は振込が確認できたので鍵を送るとのメール連絡あり。

しかし3月16日朝、UPS社からメールがあり、本日からヨーロッパの規制が代わり760ユーロを保証金として支払わない限り鍵を送付できないとわかり、詐欺に気づく。グーグルにて先方のメールアドレスを検索したところTruffa(詐欺)の情報あり。

また先方のメールをイギリス人の友人見せたところ、文法や表現が不自然な箇所があり、イギリス人の可能性でない確率が高いとのことです。またUPS社のメールも荷物取り扱い番号もなく、担当者の氏名、電話番号の記載もないため詐欺と気づきました。

===


【2013年3月18日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】(写真:ローマ)
posted by Tsuyoshi at 00:05 | イタリアに住むアドバイス

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa