BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2013年12月14日

ローマの路上で斬新な商売を発見!

roma.jpg
ローマの横断歩道で華麗な技を披露するおっさん(RX100


イタリアでは車で信号待ちしていると、さまざまな人が近寄ってくる。勝手にフロントガラスを洗剤で磨いてお金を請求してくる人、ポケットティッシュを売ってくる人、ニューオープンのお店のチラシを渡してくる人、物乞いしてくる人、実に様々だ。


先日ローマを歩いていたら、新手の商売人を発見した。
リフティングをするおっさん』だ。


決してスマートとは言えない、むしろ、ずんぐり体型のおじさんが、華麗な頭さばきでリフティングを永遠と続けている。そしてドヤ顔でお金を請求するのだ。素晴らしい!


自分の特技を活かし、最小限の出費で利益を得る・・・。実に見事なアイデア。新しいビジネスモデルかも知れない。5分ほど様子を見守っていたが、残念ながら払う人はだれもいなかった。しかし彼は確実にみんなを笑顔にさせ、そして世界で、いや、その交差点で一番輝いていたのは間違いない。

【2013年12月13日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】
posted by Tsuyoshi at 06:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリアの面白い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ローマで地下鉄に乗った時のことです。スパーニャ駅で乗り込んできたおそらく兄弟と思われる二人組が、いきなりアコーディオンを弾きタンバリンを鳴らし、車両に響き渡る素晴らしいボーイソプラノで唄を披露し始めました。その光景をどう理解すればいいのかしばらく友人と顔を見合せていましたが、歌い終わった少年がコップを手に車両を一回りし物乞いし始めまました。そして次の車両でまた歌い始めます。
コロッセオやトレビの泉級の衝撃を受けたメトロパフォーマンスでした!!(゜ロ゜ノ)ノ
Posted by フィオーリ at 2013年12月14日 15:30
> フィオーリさん
たしかに地下鉄のミュージシャンは日本人にはかなり珍しい光景でしょうね。イタリアだとかなり普通なんですよね。昔は「悲壮感」が強いとお金入れる人多かったですが、最近は演奏や歌が「上手」な方がお金入れる人多いです。何事にも努力が必要なようです。ハイ。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2013年12月14日 16:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 2003-2018 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。