BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2015年11月08日

フランクフルト空港のセキュリティチェックが厳しい!

frank.jpg
カメラ:X-T1


可哀想に植木は枯れたけど、家は無事でした。わずかな望みをもって水やり再開です。

さて快適な空の旅だったけど、フランクフルトのトランジットで落とし穴が・・・。
前からフランクフルト空港は荷物検査が厳しくて有名だったけど、今回は全身透視スキャナーが導入されていて、長い行列ができていました。みなさん時間に余裕をもって行動しましょう。

通常の荷物検査は問題なかったんだけど、乗り換えの通路にいた「抜き打ちチェック」の係官にみごと目をつけられてしまった。空港の出国ゲート前で良く見かけるやつね。トランジットで見るのは初めて?な気がします。

小綺麗な恰好してたんだけど、東洋人の男1人というステータスが怪しかったのか「ちょっと君どこから来たの?」と、柔道無差別級並の女性係官に呼び止められた。間違いなく逆ナンで呼び止められた訳ではないのは分かった。

「どこから来て、どこに行くのか?」
「iPhoneとiPadは持っているのか?」
「何?いまどきスマートフォン持っていない?それなら携帯電話出しなさい」
「ノートPCも出しなさい」
「このノートPC自分のものか?いつ買ったのか?」
「財布出しなさい」
「もう全部見るからバッグごと渡しなさい」

スマホを持っていないのが相当怪しいと感じたからなのか、ノートPCをくまなくチェックしていた。そんなボロいPC売れるわけないじゃん。結局、小銭いれ、ポーチ、ポケットティッシュ、お守り袋の中まで薬物を持っていないかすべてチェックされた。僕は信心深くないけど、人のお守り袋の中を見られるってのはあまり気分の良いものじゃないな。

(空港では何があっても抵抗しちゃだめね、別室連れて行かれるから・・・)

新品のスマホやデジカメ持っていたら間違いなくお金払わされていたと思う。箱に入ってなくても新しいPCなどはリスク高いから注意した方が良さそう。ま、僕の場合、ヨーロッパ内に住んでいるってのが容疑対象になっただろうから、旅行者は心配いらないと思う・・・。

最初っから疑ってかかられたので、なんだかとても疲れて悲しかった・・・。その後は飛行機の中でも外国人が怖いような、ちょっとしたトラウマ状態。若くないってことなのかしらねぇ。

無事フィレンツェに着いて、シートベルトをせず鼻歌交じりに片手で運転するタクシーに乗って、ようやく精神状態が回復。

もうフランクフルトは怖くて行けません(笑)。次回からは少なくともミュンヘン経由か、アリタリアで帰りたいと思います。ほんと、とほほって感じです。ハイ。
(*)その後、同じ時期ににミュンヘン空港でトランジットした人から連絡があり、ミュンヘンでも同様の厳しいチェックがあるそうです。

フェイスブックではほぼ毎日、新しいイタリア情報を発信中です!
こちら』から友だち申請してください。どなたでも申請できます。

【2015年11月8日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】
posted by Tsuyoshi at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
Copyright © 2003-2010 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa