BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2020年02月27日

イタリアでの新型コロナウイルス関連情報(2月27日)

●2月27日現在,ロンバルディア州等を中心に北イタリアで新型コロナウイルスの感染が拡大しつつありますので,最新情報を収集するとともに,感染予防につとめてください。
●現在までにロンバルディア州及びヴェネト州をはじめとする北イタリアの多くの州で,イベントや集会の中止,学校休校,美術館閉館等の措置が実施されており,このうちロンバルディア州においては,バール(喫茶店),夜間営業の店,娯楽施設の夜間営業の休止等の措置も実施されています。これらを含む各種措置については,居住地や訪問先の各自治体の指示に従ってください。

1 2月26日18時現在の累積感染者数(防災庁発表)
400名。うち 死亡12名,治癒した者3名
ロンバルディア州(州都ミラノ) 258名
ヴェネト州(州都ヴェネチア) 71名
エミリア=ロマーニャ州(州都ボローニャ) 47名
ピエモンテ州(州都トリノ) 3名
ラツィオ州(首都ローマ) 3名
シチリア州(州都パレルモ)3名
トスカーナ州(州都フィレンツェ)2名
リグーリア州(州都ジェノヴァ)11名
トレンティーノ=アルト・アディジェ州(州都トレント)1名
マルケ州(州都アンコーナ)1名)
死亡,治癒した者を除く経過観察中385名,このうち在宅隔離221名,入院治療128名,集中治療室36名(感染者全員が隔離措置)。

2 これまでに感染者が集中しているロンバルディア州及びヴェネト州の11の自治体( Codogno, Castiglione d’Adda, Casalpusterlengo,Fombio, Maleo, Somaglia, Bertonico, Terranova dei Passerini, Castelgerundo, San Fiorano,Vo’ )においては,これらの自治体への出入が禁止され,下記3の措置の他,公共交通機関の運休,労働活動の停止等の措置が実施されています。
 なお,全ての感染者は入院措置又は自宅隔離の下で管理されていますが,ロンバルディア州,ヴェネト州,エミリア=ロマーニャ州では以下のとおり感染が拡大しつつあります。今後も感染が拡大した場合,出入りが禁止される自治体が追加されるなどの措置がとられる可能性も否定できませんので,特にこれらの州に滞在されている方は,感染の拡大状況等最新情報を入手するなど,感染予防に努めてください。

○23日12時発表
ロンバルディア州:88名
ヴェネト州:24名
エミリア=ロマーニャ州:9名

○24日18時発表()内は対前日比
ロンバルディア州:172名(+84)
ヴェネト州:33名(+9)
エミリア=ロマーニャ州:18名(+9)

○25日18時発表
ロンバルディア州:240名(+68)
ヴェネト州:43名(+10)
エミリア=ロマーニャ州:26名(+8)

○26日18時発表
ロンバルディア州:258名(+18)
ヴェネト州:71名(+28)
エミリア=ロマーニャ州:47名(+21)

3 感染者が確認されている北イタリアの諸州においては,感染源として封鎖されている11市(レッドゾーン)以外の地域でも,感染リスクの高い地域(イエローゾーン)として以下(1)〜(4)にあるような日常生活上の制限が課されており,報道によれば,学校は休校,商業活動は低調となり,居住者は自主的に外出を控えるなどにより感染が拡大しないよう努めていて,外出している人も極端に減っている都市が多いようです。
(1)27日現在,ロンバルディア州,ヴェネト州,エミリア=ロマーニャ州,ピエモンテ州,リグーリア州,フリウリ=ヴェネチア・ジュリア州では,以下の通り,イベントや集会の中止,学校の休校,美術館及び文化施設等の閉館等の措置が,3月1日まで実施されています。今後の状況に応じて,これらの措置は変わる可能性があります。
(ア)文化・娯楽・スポーツ・宗教上のものを含むあらゆるイベント,イニシアティブ,公的及び私的な場所でのあらゆる形の集会の中止(非公開である場所で行われるものを含む。)
(イ)保育園・幼稚園,あらゆるレベル・種類の学校の教育サービス,高等教育,職業専門課程,マスター,衛生分野の専門課程,高齢者向け大学への通学の中止
(ウ)美術館,文化施設・場所の一般人への開放の中止
(エ)国内外への修学旅行の禁止
(オ)WHO指定の感染地帯から州内に入った者に対する地域保健当局への通報義務

(2) 国内で最も感染者の多いロンバルディア州では,上記3(1)の措置の他に,以下の措置が3月1日まで実施されています。
(ア)バール(喫茶店),夜間営業の場所,一般人に開放された娯楽施設は,18時より翌朝6時まで閉鎖
(イ)ショッピングセンター及び市場内で営業する店は,食料品売り場を除き,土曜日及び日曜日の営業を中止
(ウ)見本市イベントの中止

(3) ロンバルディア州内の流通状況
一部報道によれば,ロンバルディア州を始めとする北イタリアの一部では,食料品店の在庫不足を心配した住民がスーパーに押し寄せているとの情報がありますが,ロンバルディア州政府及びミラノ・ローディ・モンツァ・ブリアンツァ商業連盟(Confcommercio)を始めとする関係機関は,25日時点で州内の食料品の流通は正常の状態に戻っているとして,平静を維持するよう呼びかけています。

(4) また,トレンティーノ=アルト・アディジェ州については,トレント自治県では,学校の休校,イベントや集会の中止の措置が,ボルツァーノ自治県では学校の休校の措置が,3月1日まで実施されています。今後の状況に応じて,これらの措置は変わる可能性があります。
(出典:各州の条例)

4 イタリアからの入国に対して制限措置を設ける国が出てきています。国外に行く方は渡航先の国の最新情報を収集してください。各国空港での対応(航空便の一時休止等)についても,各航空会社及び出発する空港に最新情報を確認してください。

5 今後の対策については,居住地や訪問先の各自治体のHP等で最新情報を収集し,感染予防に努めてください。

新型コロナウイルスに関するイタリア当局問い合わせ先
【全国共通】
保健省全国共通 1500
【各州特設フリーダイヤル】(出典:フリーダイヤルが特設されている各州のHPより。詳細は各州HPを参照してください。)
ロンバルディア州: 800-894-545 (感染症の症状が出た場合)
ヴェネト州: 800-462-340 (行動指針についての情報)
エミリア=ロマーニャ州: 800-033-033
ピエモンテ州:800-192-020(保健関連情報)800-333-444(保健以外)
フリウリ=ヴェネチア・ジュリア州:800-500-300
ボルツァーノ自治県:800-751-751
トレント自治県:800-867-388
ヴァッレ・ダオスタ州: 800-122-121 (保健以外の情報)
トスカーナ州: 800-556-060
ウンブリア州: 800-636-363
マルケ州: 800-336-677
ラツィオ州: 800-118-800
シチリア州: 800-458-787
○なお,リグーリア州HPではフリーダイヤル設置の情報が確認できません(27日午前現在)。
posted by Tsuyoshi at 00:00 | Comment(0) | COVID-19 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Copyright © 2003-2018 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa