BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2007年11月12日

ありえない!デジカメまたまた盗難に遭う!

居酒屋で酎ハイ
カメラ?カメラなんて買ったっけ?アルコールに心も体もゆだねて現実から逃避行したい気分。イタリアでなくて日本で、それもグラスで飲むワインでなくてジョッキで飲む酎ハイで・・・



前回、買って2ヶ月ばかりの一眼レフが盗まれてから1ヶ月ちょっと、新たに買ったデジカメが、今度はまだ一度も使う前に盗まれました・・・僕が買うデジカメはもはや呪われています。もしくはデジカメを買う僕が呪われているのか?
なぜ新品のデジカメが、使う前に、しかも箱を開ける前に盗まれたのかを報告します。今回はそんなにスリリングではないです。もはや盗まれ慣れたのかも知れません。


前回ちょっといい値段のデジカメを盗まれて意気消沈していた僕は、そのモヤモヤを吹っ切るために新たにデジカメを買う決意をしたのが盗難から1ヶ月くらい経った先月のことです。今回はさすがにお金がないので、ランクを落としたコンパクトカメラを日本のネットショップで購入することにしました。イタリアでカメラを購入するのはちょっとためらいます。なぜなら・・・
  • カメラ操作が英語もしくはイタリア語表記である
  • 説明書がイタリア語で使いこなせない
  • そもそも値段が2万円くらい高い


僕の買おうとしているデジカメが日本では実売3万5000円くらい、イタリアだと5万5000円します。さすがにこの価格差ではアホらしくて買う気になりません。日本で購入しイタリアに遊びに来る知り合いに持って来てもらおうと思いました。その方にお願いしてみたところ、快くオーケーの返事をいただいたので早速ネットで購入、無事にその方の手元に届いたのが3週間くらい前のことです。

僕はそれからというものそのカメラのサイトを開いては眺めたり、YouTubeでそのカメラのスポットCMを見たりと気分は高揚しまくり、こんなにもカメラが欲しかったんだ・・・と自分でもビックリしたほどです。


僕は過去に何度か日本から私物を持って来てもらったことがありますが、毎回とても感謝しています。なぜなら人の物を持ってくるのって、壊れてはいけないととても気を使うし、かさ張るし、重いし、ようするに旅のジャマモノ以外なんでもない存在です。だからイタリアに来られた際はできるだけお礼をするし、頼む時には「壊れても文句は言わない」「キズなんか全然平気」「盗まれたら諦める」と伝えてお願いします。そして今回、盗まれました・・・。


先週、その知り合いの方が僕のカメラを持ってイタリアに到着しました。彼女のケータイから逐一報告が入り、僕もカメラはもちろんのことオルヴィエートでお会いできるのを楽しみにしていたのです。オルヴィエート到着の前日も「明日10時30分にオルヴィエートに到着します」というメールが入り、僕も「10時30分前後に駅に車で迎えに行きます」とウキウキしながら返信したのです。


しかし!!!
そんなワクワクしている当日朝8時、起きてメールをチェックしてみると、なんと不幸なメールが・・・



「ツヨシさん!すみません、デジカメが盗まれてしまいました。連絡待ってます!」



カラヴァッジョのカメラ盗まれる
カラヴァッジョってすごいです。400年も前に僕のこの驚きの表情をキャンバスに描いていました。でも僕は髪に寝グセはついていたけど、花は付けていなかったと思うよ。



電話してみると彼女はかなり恐縮していて、困り果てて泣き出してしまいました。頼んだのは僕で誰も悪い訳ではないのですが相当ショックだったようです。僕がつい1ヶ月半前に盗まれたときと同じです・・・。僕は、カメラのことは全く気にしないでいいこと、他の貴重品が盗まれなかったのが幸いであること、安心してオルヴィエートに来て楽しい旅行を挽回しようと提案しました。彼女はその後旅行代理店に連絡したり、警察に行ったりと大変だったようです。


という訳で僕の新しいデジカメは、一度も箱を開けることもなく、一度も僕の手の中に収まることもなく消えてしまいました。


実はまだ書き足りないことがあります。
それはこの窃盗が実に巧妙であるのです。彼女はホテルに荷物を置き、20分だけ外出しました。ホテルはDIANAというローマの4つ星ホテルで、部屋はカードキーでオートロック。カードキーの仕組みは詳しく知りませんが、複製は難しいでしょうし、入退室のチェックも可能でしょう。暗証番号を変更することで紛失時などの不正利用も防げるのでしょうが、犯人は巧妙に部屋に侵入し、僕の「まだ見ぬデジカメ」を盗んで行ったのです。


デジカメを持って来てくれた彼女はオルヴィエート観光後、ローマから帰国するために予約していた同じホテルにもう1泊しなければなりません。最終日は厳重に手荷物はクローゼットの中にしまい、クローゼットにはダイヤルキーを施錠。さらに鍵を掛けたスーツケースとも結びつけたそうです。しかし部屋に戻るとそのダイヤル錠は無理矢理外そうとした跡があったとのこと・・・怖いですね・・・。


電話をする少年
お母さん、僕またデジカメ盗られちゃった・・・どうしよう?



今回は色々と勉強になりました。セキュリティーに関して言えば星の数はあてにならないということかも知れません。
僕はイタリア国内を旅行するときは星なしや2つ星程度の安宿に宿泊しますが、ホテル内では安心しきっていました。やっぱりパスポートや貴重品は慎重に管理する必要があるようです。これからイタリア旅行をされる方、十分に防犯対策をしてください。最低でも100円ショップなどで売っているダイヤル錠とかワイヤー錠とかは必要かと思います(忘れてもイタリアの1ユーロショップでも売っています)。通常の窃盗は時間との勝負なので鍵を見ると諦めるケースが多いと聞きます。


ツヨシの顔
懲りない面々。その一人
最後に・・・
性懲りもなく、今度またデジカメ配達を友達に頼んでみたいと思います。
勇気ある方、連絡お待ちしております。
3度目の正直です。
それでまた盗まれたら・・・泣きます。確実に泣きます。ハイ。


窃盗被害については後日談があります。面白いよ。
(1) イタリアで窃盗に遭う・レストランにて
(2) 警察で僕が尋問?
(3) ありえない、デジカメまたまた盗難に遭う
(4) こんなことってアリ?3回目の事件発生か

posted by Tsuyoshi at 02:23 | Comment(23) | TrackBack(0) | イタリア生活日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
Posted by tenten at 2007年11月12日 06:17
(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-......
なんといったらよいか......
Posted by tenten at 2007年11月12日 06:21
送りましょうか???EMSとかで。
落ち込まないでくだされ。おもしろおかしく書くから、読んでて余計に切ないです。。。
Posted by kuu at 2007年11月12日 08:57
何というか、本当についてないですね。。
お疲れ様です・・・。
Posted by hisa at 2007年11月12日 10:58
こんにちは。
以前、何度かコメントせていただいたものです。
なんと言ってよいのやら、残念ですね。。。お気持ち、お察しします。
旅行のガイドブックなどを読むと、ホテルの部屋でも安心するな、とは書いてありますが、まさか4つ星でこんなことがあるとは、驚くばかりです。もしかしたら、ホテルの従業員の仕業かもしれませんね。断言はできませんけど。
わたし、12月にイタリアに旅行に行くので、もし良かったらデジカメ持って行きましょうか?
ただ、オルヴィエートではなくフィレンツェに行く予定なんですけれど。。。
Posted by sakura at 2007年11月12日 14:24
みなさんコメントありがとうございます。
月曜日の朝から暗い気分にさせてしまってます???
僕はそんな凹んでいないので大丈夫です。

EMSは届かないことあるし、結構乱暴に扱われそうなのでちょっと心配です。オルヴィエートには届くだろうけど、その後の配達が信用できないんだよなぁ〜。

sakuraさん、ご提案ありがとうございます。でも見ず知らずの方に頼めるほどぼくは図々しくなれません・・・僕のカメラは呪われているんで・・・だれか屈強な友達が来る日を心待ちにしています。ハイ。

Tsuyoshi.
Posted by Tsuyoshi at 2007年11月12日 18:47
お気の毒ですね。
でも、きっと、その分、よいことがありますよ!

職業で人を判断しているわけではないですが、清掃の人の可能性もありますよね。
もちろん、清掃やベッドメーキングの人だけでなく、その他、従業員の可能性も。
貴重品は、なるべく部屋において外出しない、置いて外出せざるを得ない場合は部屋の金庫の中、金庫が設置されてない場合は、フロントに預ける方が良いと思います。

ところで、デジカメを持って来てくれた女の方は、旅行保険をかけなかったんですか。
保険でカバーすると思うんですが。
知人が空港のセキュリティー検査でプラスチックの箱に入れたデジカメを従業員に盗まれましたが、旅行保険がカバーしました。
時計、デジカメ、財布などの小物もプラスチックの箱にではなく、必ずバッグに入れ、ひとまとめにした方がよいと思います。

私はイギリス人と結婚しイギリスに住んでいますので、日本に住んでいた時と違い、防犯にはかなり気を付けるようになりました。
こちらでは、旅行に持って行くスーツケースに名前、住所がわかるタグは付けないのが常識です。家が留守なことがわかり空き巣の被害に遭う可能性があるからです。
誰が聞いているかわからないので、道で知人に旅行することを話したりもしません。
主人は仕事でアメリカやスウェーデン、その他、ヨーロッパの国に出張があるのですが、そのことも知人や友人に話す時には、周囲に気を付けます。

イギリス生活で身についた用心のおかげで、この9月のローマ、フィレンツェ、ナポリの旅行は、無事に楽しく過ごせました。
電車の中で出会った旅行中のアメリカ人夫婦から目にしたスリ、置き引きの被害を聞いたりして、改めて何もなくてよかったなと思いました。
この旅は、イギリス人の主人とではなく、日本からの妹と一緒でしたので、かなり緊張してました。
やはり、日本人は狙われやすいですので。
旅の素敵な思い出の為にも、用心の上にも用心が肝要ですね。

残念ながら、イギリス在住ですのでデジカメ配達は無理ですが、3度目の正直で、無事にデジカメがお手元に届きますように祈っております。
Posted by Sachie at 2007年11月12日 19:43
ごめんなさい・・・・
笑っちゃいました・・・・・
カラヴァッジョに・・・・・・・

久々にノックアウトです。
思い出し笑いしちゃいそうです。

悲しいお話なのに、ごめんなさい・・・・・
けど、なんか相性の悪いものってありますよね。
いつか無事手元に届くよう願ってます。

そして、そして、話は変わりますが、やたらおいしそうな記事がたくさん!!!
これは誘われてるとしか思えないのですが、イタリアは遠いデス・・・

先月、伊勢丹でイタリア展があって、今月フランス展があって
どちらものぞいて来たのですけど、やっぱり食はイタリアなのかなーと思いました。
単に伊勢丹に出展してるお店にだまされてるだけかもしれませんけど。笑。

そういえば、銀座にこんなお店が出来たみたいです。
オルヴィエートとどんな関係があるのかは、ワカリマセン。笑
http://www.opefac.com/orvieto/
Posted by Shinako at 2007年11月12日 22:28
たくさんの励ましのコメントありがとうございます。
冗談のような本当の話なので、僕も苦笑いしかないという感じです。

12月、1月に来る可能性がある友達からは、コメントもメールもありません。きっと呪われたカメラを避けていると思われます。

Tsuyoshi
Posted by Tsuyoshi at 2007年11月13日 01:43
本当はこのコメント書くのやめようかと
思いましたが
カメラは、仕事で使用されるのですよね?

カメラを持ち遥々イタリアに届けた女性...お気の毒
です。女性に頼むのやめたら如何ですか?
ホテルの金庫を壊され持っていかれてしまった訳で
すから泣きますよ。

なんかスペイン並になってますね。従姉妹の永住す
るスペインは、車もチェーンでぐるぐる巻かないと
盗難にあう場合もありますし。自宅も二重ドアですよ。
ブラジルに旅した時は、打たれる(銃)覚悟で
友人に会いに行きました。

数年前にゲイと旅したイタリアのホテルは4つ☆
でも、現地イタリア人コンサルティングの方...
、契約していると思われる、レストランを何度も
紹介し...。行きませんでしけど。
現状、数年前と、今とではイタリアが違う事だけは、感じました。
Posted by miho☆miho at 2007年11月13日 09:32
数年前に数回コメントさせていただいたモノです。

イタリア、怖いですね。
当面はイタリア物産展でガマンすることにします。
カファレルのチョコレートも売ってるし。
Posted by mikonpp at 2007年11月13日 13:49

1月にお邪魔する者の使命!?
こうなったら意地でも届けてみせます!(笑)

『2度あることは3度ある』
このタブーに共にチャレンジしましょー♪

後でメールしますね〜
Posted by Kyoko at 2007年11月13日 13:50
こんにちは。
>でも見ず知らずの方に頼めるほどぼくは図々しくなれません・・・
そりゃ、そうですよね。面識もないのに、失礼しました。
デジカメ、無事に手に入るといいですね。
Posted by sakura at 2007年11月13日 14:47
Tsuyoshiさん

ほんとにお気の毒でしたね…
lanaさんからもイタリアからメールが来ましたよ…
でも、ここまで大惨事になっていたとは!
lanaさんお誕生日だったんですよ、イタリア旅行中に。
だから、お祝メール送ったら、「ちょっと落ち込むできごとありました」って返ってきたんだけど…
彼女も、保険でカバーできるよう色々手をつくしているみたい。
せめてお金ででも返ってくるといいですね!

P.S.
Tsuyoshiさんver.カラヴァッジョ、かなり好きです。
Posted by マロン at 2007年11月13日 14:51
TSUYOSHIさん、こんにちは
今回はじめてこちらのサイトを拝見させていただきました。
イタリアの情報・生活面など実際に住んで感じた生の情報を知ることができ、とても興味深く読ませていただいております。

僕は現在、イギリスの大学院に留学してまだ4ヶ月ほどなのですが、イタリア人の彼女がミラノに住んでおり、ちょくちょくイタリアに旅行をしたいと思っております。

いつかお会いできるのを楽しみにしています。
P.S日記で久々に笑ってしまいました。デジカメの事本当に残念ですが次こそはちゃんとお手元にいくことをお願いしております。
Posted by Fumio at 2007年11月13日 15:45
まずはみなさん励ましのコメントありがとうございます。

特にsakuraさん
とても親切なご提案ありがとうございます。頼みたいのは山々ですが、頼むと迷惑になるので頼めません、です。僕はフィレンツェに行くことも多いので、もしよかったらメールでもください。フィレンツェに行く日程が合って、sakuraさんに時間があったらカフェでもしましょう。

マロンさん
lanaさん誕生日だったの?全然知らなかった。。。言えなかったのかな?それとも言ったけど僕が忘れたのかも・・・あーお祝いできたのに、、、残念。色々と手を尽くしてくれているようで感謝しています。

Fumioさん
さっきメールしました。ほとんど参考にならないメールで、すみません。

Tsuyoshi
Posted by Tsuyoshi at 2007年11月13日 18:39
カメラを盗まれてしまった間抜けなranaです・・・。
コメントしない方がいいかなと思ったのですが・・・。
本当にこの度は申し訳なくって・・・謝って済む事でも、お金を返して済む事でもないのですが、tsuyoshiさんが一生懸命頑張ってイタリアで稼いだお金で購入されたものなのですし、その分だけでもお返し出来ればと思います。私の不注意で本当にご迷惑をお掛けし、申し訳ありませんでした。
外国では、ほんの一瞬の気の緩みがこんな惨事になることを肝に銘じます。
でも、あの一瞬は何が自分の身に起ったのか全く理解できずに、ただただ頭の中が真っ白になって呆然としてしまいました。
厚かましくも、お言葉に甘えOrvietoでは色々とお世話下さってありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです!!!
また、一緒に旅行をしていたKちゃんにも感謝です。
近い内に詳細をmail致します。
Posted by rana at 2007年11月13日 21:11
ranaさん、
わざわざコメントありがとうございます。
大丈夫、心配しないで。
謝らないで下さい。僕が勝手にお願いしたので。
でもボルセーナのレストランが開いていてよかったです。おかげで僕も楽しい時間が過ごせました。

レストランについては近日中にブログにアップします。乞うご期待!

Tsuyoshi.
Posted by Tsuyoshi at 2007年11月14日 02:20
Tsuyoshiさん、こんにちは

以前から、かなり興味深く日記など拝見させて頂いてますが、今回のケースをとても残念に思い、居ても立っても居られなくなった為、コメントさせて頂きます。

私も、今夏に自分のカメラが壊れ、そして友人に借りたカメラも誤って壊してしまい、日本からイタリアに二台とも送るというかなり危険なケースを取りました。今思えば、かなりの大賭けです、ホントに…

でも例えば、

・EMSではなくSAL便で送る(こちらの方が届く可能性が高いそうです)
・内容品の価格を4000円以下で書く(勿論ウソです)
・内容品の記載は古着などを記入し、カメラ本体と説明書はポケットなどに隠す。(でも、私は箱ごと送りました)
・届け先を、家ではなく語学学校などきちんとした媒体にする 

などのような形を取れば、荷物を開けられる可能性が低くなります。勿論断定は出来ませんが…もう一度呪われているか、確かめたいときにドウゾ♪

早くお手元に新しいカメラが届くことを願っています。頑張って下さいね。





Posted by kicco at 2007年11月14日 23:49
kiccoさん

かなり大きな賭けをしましたねぇ〜。
でも無事届いているようなのでかなり日頃の行いがいいのでしょうね。僕とは大違い・・・。

イタリアの配達はかなりガサツです。荷物をがんがん投げているのを一度見ているので、郵送で送る時は壊れても、無くなってもいいものに限定しています。特にイタリア国内で紛失することが多いようです。

逆にイタリアから日本への配送は結構確実に着きます。イタリア国内の配送は決まった経路で空港などに行くので紛失しにくいのでしょう。

僕自身で送ったものは紛失したことはないですが、知り合いの方から送っていただいたプレゼントはなぜか何度か紛失してしまっています。

これはやっぱり僕の悪運なのか???
Tsuyoshi
Posted by Tsuyoshi at 2007年11月15日 00:14
わっはっは、
すみません。
あまりにも絵で、想像できて、笑ってしまいました。

今でも、(2011年)イタリアに住んでいますか?
私は、ロンドンに住んでいます。
11月にイスキア島に行くので、ネットを見ていたら、このブログにたどり着きました。

ロンドンからナポリ経由でイスキア島に行く予定なので、お勧めのピッツァリアに行ってみようと思います。

3度目の正直で、デジカメが手に入ったといいですね。
Posted by リオン at 2011年05月22日 08:03
初めまして、2年前に初めてイタリア旅行したときからAMO ITALIA拝見させていただいてました。実は先週またそちらに行って昨日帰国したばかりです。
オルヴィエートもそれで知り、思い募って今回訪問してみましたよ。
これまでのイタリア旅行で2度とも危ない目には遭遇せず、油断しまくりでいたので、この記事たった今拝見して、ちょっと今更ながらゾッとしました。何故なら平気でホテルに一眼や貴重品放置して(バックの中とかですが)町を歩き回っていたりしていたので・・・。
外国旅行素人なので、今一度考え直そうと思いました。

ただ今回も楽しくイタリアのミラノ〜フィレンツェ〜ローマ〜オルヴィエートの旅をさせて頂きました。日記やいろいろな情報がすごく役に立ちました。本当にありがとうございました。一眼もうさすがに手に入りましたか?いいのが手に入ってるといいですね!!
またイタリアに行きます。次はオルヴィエートに滞在したいと思います。すばらしい町でした。そのときもしそちらにまだいらっしゃったら是非1杯ビッラかワインでもご馳走させてください。
Posted by KEISUKE KOBAYASHI at 2011年06月05日 23:32
> KEISUKE KOBAYASHIさん
無事でなによりです。ま、普通はホテルの中に置いておいても盗まれることはないですよね。私も最近はノートPC置きっぱなしです。実は今月中にフィレンツェに引っ越す予定です。フィレンツェにお越しの際はビッラかヴィーノをご一緒しましょう。
Posted by Tsuyoshi Doh at 2011年06月06日 02:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Copyright © 2003-2010 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa