前の記事 TOP 次の記事

2007年12月18日

イタリアの住みやすい町ランキング

フィレンツェの夜

新聞(Il sole 24 ore)で面白い調査結果を見つけたので紹介したいと思います。その名も「2007年イタリア住みやすい町ランキング(Qualità della vita)」。
これは毎年行われる統計調査で、イタリアの103の県を対象に、就業率、安全性、財産、犯罪率などをポイント制でカウントしてランキングするというものです。交通機関の便利さ、休暇の過ごし方、告発された犯罪数など様々な要因が加味され、なかなか信憑性は高そうです。まずはともあれ順位を見てみましょう。


カッコ内の数字は前回2006年の順位です。
1位・・・トレント(Trento)(4)
2位・・・ボルツァーノ(Bolzano)(3)
3位・・・アオスタ(Aosta)(15)
4位・・・ベッルーノ(Belluno)(9)
5位・・・ソンドリオ(Sondrio)(17)
6位・・・ミラノ(Milano)(6)
7位・・・シエナ(Siena)(1)
8位・・・ローマ(Roma)(23)
9位・・・トリエステ(Trieste)(2)
10位・・・ウディネ(Udine)(13)
11位・・・フィレンツェ(Firenze)(8)
12位・・・ボローニャ(Bologna)(5)
13位・・・ラヴェンナ(Ravenna)(7)
17位・・・リミニ(Rimini)(11)
20位・・・ベルガモ(Bergamo)(44)
23位・・・パドバ(Padova)(42)
25位・・・モデナ(Modena)(34)
25位・・・パルマ(Parma)(19)
32位・・・ジェノバ(Genova)(36)
36位・・・アレッツォ(Arezzo)(45)
38位・・・ヴェローナ(Verona)(32)
40位・・・ヴェネツィア(Venezia)(56)
45位・・・ペルージャ(Perugia)(34)
53位・・・トリノ(Torino)(59)
57位・・・マテーラ(Matera)(46)
81位・・・メッシーナ(Messina)(84)
83位・・・シラクーサ(Siracusa)(96)
86位・・・ナポリ(Napoli)(96)
87位・・・サレルノ(Salerno)(83)
92位・・・パレルモ(Palermo)(99)
92位・・・バーリ(Bari)(101)
100位・・・カターニャ(Catania)(103)
101位・・・フォッジャ(Foggia)(100)
102位・・・ベネヴェント(Benevento)(89)
103位・・・アグリジェント(Agrigento)(95)


イタリアの町を知っている人はすぐにピンときたでしょうが、この順位はほとんど北から南の順に並んでいます。
7位のシエナまでは全て北イタリアの都市、しかもほとんどが北国境近くのアルプスの町が占めていて、81位のメッシーナ以下の最下位23都市は全て南イタリアの都市となっています。


詳細も興味深いです。例えば1位のトレントの一人当たりの平均年収は2万5000ユーロ(407万円)で、シチリア州の州都パレルモの倍だそうです。トレントの失業率が3.1%なのに対し、最下位のアグリジェントでは13.3%にも上昇します。銀行から融資を受けた場合の利子もトレントでは5.5%で、アグリジェントでは8.15%というからビックリ。


このたぐいの統計が発表されるたびに、イタリアを2国に分けようという議論が発生します。もちろん北と南とに分けるのです。北イタリアの人は南イタリアがお荷物であり、南北で分ければ経済的にとても強い「北イタリア」という国ができるというのです。実際、イタリアの大企業はほとんど北イタリアに集中しています。貧しい町を切り捨てれば自分たちが助かる、得をする、という自己中心的な考えをまともに議論する人がいるんだからビックリします。

最後に、イタリア人が住みたい理想の町はという質問で、国内であればフィレンツェ、海外であればパリという結果だったそうです。ちょっと納得です。ハイ。


僕の住んでいるオルヴィエートはテルニ県で49位でした。ちょうど中間に位置します。町単位でランキングだったらもうちょっと上位に入ると思います。


posted by Tsuyoshi at 02:17 | イタリア生活日記

前の記事 TOP 次の記事




Powered by Seesaa