BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2013年07月07日

フィレンツェの美味しいレストラン・ランキング(2013年7月)

fiaschetteria.jpg
魚屋「Fiaschetteria di Pesce」
カメラ:RX100


ここ数日、お客さんや知り合い(ともに日本人)と立て続けにフィレンツェのレストラン7軒を食べ歩きしました。僕のお気に入りのお店ばかりをピックアップしたのですが、僕の想像と実際の客さんの反応がちょっと違っていたので、ここにまとめておきます。

いずれも、僕のお気に入りのお店なので十分に美味しい店なのですが、彼らの感想がきっと、フィレンツェに旅行される方の良い参考になると思います。
一応ランキング方式に書きましたが、お店のカテゴリも違うので比較難しいです。お客さんも最後には「どれも美味しすぎて分からない」「順位なんか付けられない」と拒否されていました・・・・ははは。


第1位・・・魚屋「Fiaschetteria di Pesce」

フィレンツェ中心から徒歩15分にある魚屋さん。本ブログでも2度ほどその美味しさの感動を伝えています。人気出すぎて、料金も2割りくらい高くなりましたが、相変わらず旨い!です。当たり前ですが魚屋なので素材が新鮮。お店の中で食べるという「地元感」と、可愛い店内の雰囲気、店員さんの愛想の良さなどが好印象だったようです。祖トゥールに座るので居心地は決して良いとは言えませんが、料理にも皆さん大興奮で、特に生スカンピ、魚介フリット、魚介スパゲッティが素晴らしかったと大絶賛でした。メニューがほとんどなく、イタリア語話せないとオーダーも難しいので、その「貴重な経験」というのもプラスに働いていると思います。

参考までに5名で行ってオーダーしたのは、前菜盛り合わせx5、生の魚介x5=スカンピ海老(Scampi)、赤海老(gamberi rossi)、アサリ(tartufo di mare)、そしてマグロのタルタルx2(Tartara di tonno)、魚介のフリットx2(Fritto di mare)、魚介のスパゲッティ小x5(Spaghetti alla puttanesca)、発泡白ワインx1、白ワインx2、あとパンなど。合計200ユーロ弱、1名40ユーロとレストラン並に高いですが、かなり喜ばれました。今回のイタリア旅行で一番との声も。

その時のブログはこちら(お店情報あり)
http://blog.belgiappone.com/article/230697927.html
http://blog.belgiappone.com/article/231690035.html
上記ブログを書いた時よりも2割程度値段あがっています。。。



第2位・・・ワインバー「Mangiafoco」

美味しいハムとチーズが食べたいというリクエストで選んだのが、ヴェッキオ橋近くの「Mangiafoco」。一時は入り浸りしていたほど大好きなお店です。ここの魅力はチーズとサラミとワイン。特にワインのセレクトが素晴らしく、この時期はキンキンに冷えたスプマンテが旨い!お客さんたちはチーズに感動、ワインのジャムに驚き、生ハムやブッラータ(モッツァレッラですが中がミルキーです)に拍手喝采でした。

そして何よりもシェフが差し入れしてくれた「カラスミのタリオリーニ」に腰抜かしました(12ユーロ)。僕がここ5年で食べた一番美味しいパスタです。オリーブオイルベースのパスタにカラスミと檸檬の香りを和えただけのシンプルのパスタですが、パスタの小麦とカラスミ、レモンの香りが究極のハーモニーを生み出しました。どうしても忘れられなく、つい昨日再挑戦しましたが、あいにく「カラスミとマグロのトマトソースのタリオリーニ」にメニューが変更されていて、こちらはそこまでの感動はなく・・・。行かれる方は見つけたらぜひ注文してみてください、料理名は「Tagliolini con bottarga e limone」で大丈夫だと思います。ない場合は「Tagliolini con crema e tartufo bianco(白トリュフのクリームソースパスタ)」が旨いです。

ちなみにこのお店でワインのつまみにする欠かせない一皿は、ハム類とチーズの盛り合わせ「Tagliere Mangiafoco」です。ここは5人で食べて飲んで1人30ユーロ以下だったと思います。割引きしてくれます。
【店舗情報はこちら】
http://amoitalia.com/firenze/winebar_mangiafoco.html



第3位・・・トラットリア「I DUE G」

安くて美味しいところは?と聞かれた時に最初に答えるのがこの「イ・ドゥエ・ジー」です。今年に入って見つけたトラットリアですが、かなり通っています。ここはフィレンツェの平均レストランより2〜3割安いです。美味しい、店員さんが優しい、サービスがしっかりしている、と3拍子揃っている、数少ないレストランでもあります。

必食の一品は「Risotto verde(緑のリゾット) 」。ほうれん草とパルミジャーノを使ったシンプルなひと皿ですが、もう間違いなく美味しいです。量も多いのでシェアしましょう。な、なんと、8.5ユーロ!!!他には、「子羊のグリル焼き」(日によって無い場合あり)、「コロッケと野菜のフリット」もしくは「野菜のフリット」もかなりお勧め。個人的には、パンとトマトのおじや「Pappa al pomodoro」も良くオーダーします(5.5ユーロ!!!)。

読んで分かる通り、コストパフォーマンスがずば抜けています。2人で食べに行って50ユーロでお釣りがきます。ただ量が多いので2人だとあまり種類が楽しめないのが残念。そんな方は2回行きましょう。「2日連続で I DUE Gに行きました」というメールも良く頂きますよ。
【店舗情報はこちら】
http://amoitalia.com/firenze/trattoriaidueg.html



第4位・・・ランプレドット「Nerbone」

レストランとはちょっと違いますが、フィレンツェ中央市場内にあるモツ煮の屋台店「ネルボーネ」がかなり美味しかったです。ランプレドットとは牛モツを煮込んだフィレンツェ伝統料理で僕の大好物です。この「ネルボーネ」は超が付く有名店で「観光客も多いし、名ばかりだろう・・」と敬遠していたのですが、いやはや、フィレンツェでもトップクラスの美味しさでした。内臓は良く煮込まれていてとろけるように柔らかく、とてもあっさりしています。ほかにも、ローストビーフは肉汁がしたたるほど良い火の通り具合でしたし、オッソブーコの煮込みもタマネギたっぷりでとろける絶品でした。パスタ、リゾットも食べましたが、やはり作り置きなのでイマイチ。ここに来たら肉をメインに食べるのが良いようです。

難点はその混雑ぶりと、オーダーの難しさ。僕たちが行ったランチタイムは長蛇の列で(約20分待ち)、料理受け取るのもかなり体力使いました。食べに行くなら朝が良いでしょう。
【店舗情報】
Trattoria Nerbone
フィレンツェ中央市場内
8:00-14:30、日曜日定休、65席



第5位・・・オステリア「Santo Spirito」

「サントスピリト近くで」というリクエストで、急遽思い出して行ったレストラン。観光客が多いので個人的にはほとんど足運ばないですが、料理もまずまず美味しく、料金安いです。量が多すぎるので「ハーフ」で頼む人もいるのだとか。スタッフは若くてとても感じ良かったです。料理を少し味見しましたが悪くないです。でも他にも美味しいお店はたくさんあるので、この近くに用事なければそこまでお勧めはしないかな。この近辺でしたら美味しい人気店の1つです。
【店舗情報】
Osteria Santo Spirito
Piazza Santo Spirito, 19 r, Firenze
Tel: +39 055 238 2383
http://www.osteriasantospirito.it/



第6位・・・トリッペリア「Il Magazzino」

ここは日本人旅行者にも好評で「フィレンツェに来たらこのお店!」という人も多いのですが、今回はイマイチだったとのこと。僕は同席しなかったのですが、店員さんの態度があまりよろしくなかったようです。接客態度で料理を含めた店全体の印象は変わりますよね。過去にも「お店のサービスがイマイチ」という話も聞いたことあるので、基本的に愛想は良くないのだと思います。5年前はとても良いお店だったので少々残念です。(*)僕個人で最後に訪れたのは半年くらい前。相変わらずランプレドット、トリッパのパスタはかなり美味しかったです。あと「牛タンのカルパッチョ」とか食べられるので結構はまっていました。最近はこのIl Magazzinoの代わりに、2位のMangiafocoに行くこと多いです。
【店舗情報】
http://amoitalia.com/firenze/restaurant_magazzino.html



その他・・・日本レストラン「KOKO」

フィレンツェの日本食レストランは20軒くらいあるでしょうか(ほとんどが中国人経営)。その中でも一番美味しいのがこの「ココ」です。カリフォルニアロール系の巻物、甘辛いソースのカルパッチョなどがとても美味しく、日本では食べられない「フュージョン和食」が楽しめます。値段は少々高めですが、お店の雰囲気も良く座敷もあり、料理のボリュームもあります。寿司はブラジル人が握り、揚げ物などは中国人が作っています。基本はジャパニーズ・フュージョン料理なので、日本人にも「美味しい新しい料理」として受け入れ安く、ちょっと豪華に和食が食べたいという時に重宝しています。週末は予約必須。中心街から結構歩くので、お客さんはタクシー利用します。
【店舗情報】
Japanese Restaurant KOKO
Piazza F. Ferrucci, 4/5 - Firenze
Tel: +39 055 6587428
http://www.kokorestaurant.it/


以上です。フィレンツェを旅行される方の参考になれば幸いです。ハイ。
【2013年7月6日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】
posted by Tsuyoshi at 00:25 | Comment(5) | TrackBack(0) | イタリアの食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月30日

ローマで美味しいレストラン見つけました「Ristorante TEMA」

Risotto-alla-crema-scampi.jpg

最近、ローマの知り合いから紹介されたレストランで、かなり良い店だったので紹介します。僕のローマランキング上、トップクラスです!ローマ行く人はぜひ一度足を運んでください。後悔はしないと思います(混雑時のサービスレベルは未知ですが・・・)。


その名は「リストランテ・テーマ」。高くて美味しい魚料理のレストランは何軒か知っていますが、ここは「安くて美味しい」です。本当に安い!学生でも食べられる値段設定ですよ。南イタリアのようなパンチの効いた料理ではなく、じわじわと旨みがこみ上げてくる感じ。ま、間違いなく日本人が好きな味わいな訳ですよ。特にスカンピのリゾット恐るべしです!

  • 手長海老のクリームリゾット
    脳に響く美味しさです。ガンガン響きました。日本人女性が好きな味だな、僕も大好きです。この一皿食べると他の料理が霞んで見えるほど。これで13ユーロは抜群に安いです。絶対にオーダーすべき一品。今すぐにでも食べたいです。夢の中でも会いたい。
  • ムール貝のワイン蒸し
    これヤバイ。運と時期が良かったのかも知れないが、身が抜群に大きくてプリプリでした。少なくとも身が縮んでいないのはコックさんの腕が良い証拠。コショウが効いていて大人の味が大丈夫なら、前菜にこれを注文するのを「強〜く」お勧めします。その汁とパンのコンビがあやうく止まらなくなるところでした。2〜3人でも良いくらいボリュームたっぷりで10ユーロは破格値、安い!!!もう一度言う、安い!
  • テルミニ駅からも歩いて行ける
    ローマテルミニ駅から徒歩で15分以内です。道もそれほど複雑ではないのでチャレンジすべし。ヘタに地下鉄「Cavour」駅から歩くよりも、Terminiから歩いた方がわかり易いよ。
  • 食後酒のサービス付き
    店員さんと仲良くなるとさらに会計の端数を切り捨ててくれたり、ワインのプレゼントもあるらしいので、お客さんの少ない時期を狙って店員さんと仲良くなろう。料理の美味しさに感動すれば自然と店員さんも喜んで、急接近間違いなし。すべては皆さんのテクニック次第!
  • ランチ、ディナーともに予約必須です
    残念ながらハイシーズン時はかなり混雑するそうです。予約なしだと追い返されるそう。店内は小ぎれいで欧米人が好みそうな雰囲気です(僕はあまり好きではない)。でも料理はホントに美味しいよ。ここ最近(3月)のランチタイムは空いていました。むしろガラガラ。


「ローマ中心街のレストランは美味しくない」と信じていましたが、このレストランは例外です。しかも魚介料理で手頃な料金。観光客でかなり混雑するそうですが、行く価値大!!!立地も悪くないですし、ローマ観光に行く人はぜひ一度試してみてください。

【店舗情報】
Ristorante Tema(リストランテ・テーマ)
Via Panisperna, 96-98, 00184 Roma, イタリア
+39 06 486484
定休日:土曜日のランチ、日曜日終日
詳細:www.amoitalia.com/roma/ristorantetema.html

【2013年3月30日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】(写真:Ristorante Tema の Risotto alla crema scampi )
posted by Tsuyoshi at 00:53 | Comment(6) | TrackBack(0) | イタリアの食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

ナポリで世界一旨いパスタを見つけたよ!

spaghetti_al_pomodoro.jpg


今ナポリからフィレンツェに帰る電車の中です。相変わらずITALOの快適さは素晴らしいです。時速300キロで飛ばしながらも揺れは少なく、今も可愛らしい乗務員さんからドリンクとスナックがサービスされました。まるで飛行機のビジネスクラスに乗っているような気分です(あ、ビジネスクラス乗ったことありませんが・・・)。


今回、ナポリからの帰り道で興奮美味に書くのは「最高の一皿」を見つけたからです。
ナポリに行ったら必ず立ち寄るレストラン「A Figlia d'O Luciano」ですが、前回食事したときに間違ってテーブルに届いた「トマトのスパゲッティ」がどうしても忘れられなくて再訪しました。4ヶ月前は極度に酔っぱらっていて記憶があいまい、、、「腰を抜かすほど美味しかった」という大雑把な印象だけが頭にこびりついていました。


今回再チャレンジし、ディナーとランチで2回連続で食べた感想は・・・・
やばい、旨すぎる、もう一回食べたい
です。


僕は高級店は知らないですが、イタリアではまずまずの数のレストランを食べ歩いています。ここの「Spaghetti al Pomodoro」はイタリアでも日本でも食べたことないレベル。美味しいパスタを想像して、それを5倍くらいおいしくした感じです(←テキトーな説明)。
*僕の中ではイタリアで一番美味しいスパゲッティです、ほんとに。
*店員さんがオーダーミスしなかったら、おそらく一生注文することがなかったメニューです。間違ってくれてありがとう。。。


シンプル・イズ・ベストという言葉がピッタリの料理は、オイル、ミニトマト、塩のみで調理されています。おそらくニンニクも使っていないでしょう(使っていてもごく少量)。もっちりとした歯ごたえ、ミニトマトの濃厚な甘味と酸味が口いっぱいに広がり、最後はスパゲッティの小麦の香りが余韻として残ります。地元産の硬質小麦麺、ナポリの水と塩、強い日差しを浴びたトマト、すべての食材が合わさってこの奇跡の一皿が誕生したのでしょう。


「ま〜た、大げさな・・・」
と思う方が多いと思います。僕も書きながら少々興奮してしまいました(反省)。。。でも食べてみてください!そして感想を聞かせて欲しいです。たかがトマトのスパゲッティですが、間違いなく日本で食べるそれとは大きく味が異なります。フィレンツェでもこんな美味しい料理には出会ったことがないです。ローマに行く方は、ぜひ足をのばしてナポリに行きましょう。ナポリは危険な印象もだいぶ和らぎ、食べ物だけでなく、ショッピングもてとても楽しいです(Via Chiaiaが楽しい!)。日帰り旅行にもお勧めです。


肝心なこと書き忘れました。このパスタ、4ユーロです!
現在のレートで408円!!!
宇宙イチの味が408円で味わえます。ぜひ今すぐナポリ行きの切符を手配しましょう、イタロでね。


【店舗情報】
Ristorante A Figlia d'O Luciano
住所:Piazza Enrico De Nicola, 38- Napoli Italy
月曜休み
詳細:http://www.amoitalia.com/napoli/restaurant.html
*他にもムール貝のスープ、タコのトマト煮など、安くて美味しい料理が揃っています。

【ホテル情報】
A Figlia d'O Lucianoの料理を満喫する場合、ホテルは下記の「カラッチョーロ」がお勧めです。僕はここ2年くらいこのホテルにしか泊まっていません。レストランまで1本道で徒歩3分。そしてナポリ中心街まで無料送迎バスが1日に何往復も出ています。ホテルのサービスはイタリアの中でもトップクラスだと思います。フロントの人たちも素晴らしく、お部屋も豪華で感動的ですよ。早めに予約すると安いこと多いです。
詳細:http://www.amoitalia.com/napoli/hotel.html

【2012年11月22日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】(写真:Spaghetti al pomodoro @ A Figlia d'O Luciano)
posted by Tsuyoshi at 23:39 | Comment(13) | TrackBack(0) | イタリアの食について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 2003-2010 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa