BEL GIAPPONE
header_terraL header_terraR

ツヨシのイタリア生活日記ブログ

イタリア生活、ニュース、留学案内、イタリアならではの珍事などを日本人がほとんどいないウンブリア州のオルヴィエートからTsuyoshiが楽しくブログで伝えます。

2014年03月28日

スマホで旅行が大きく変わった

cinquecento.jpg
フィレンツェの町なかで見つけたチンクエチェント(RX100



最近ブログの更新がめっきり減ってしまったんだけど、フェースブックはかなり頻繁にアップしています。ブログに書けないイタリア生活の日常をアップしています。興味のあるかたは、どうぞこちらを。
https://www.facebook.com/tsuyoshi.doh


2014年になって旅行の楽しみ方が大きく動いたと感じる。
その原因はスマホ。
もちろん去年までもスマホ利用する人多かったけど、今年に入って、イタリア国内でもスマホでネット検索をしながら旅行する日本人が増えた、増えた。特に卒業旅行中の学生はみんな使っているようだ。なぜ急に感じたかというと、今年に入ってメールが極端に増えたからだ。


正確に言うと
『イタリア観光中の日本人旅行者からのメールが急増した』
のだ。


僕が初めてイタリアに来たのは今から13年くらい前。今思い出してみると、当時ホテル予約はFAXを使っていたんだよね〜。今思うとすごい時代だな、FAXでホテルを予約するって・・・。
海外旅行のバイブル、地球の歩き方の巻末にも、ホテル予約用のFAX用紙が付属していたんだよね。懐かしい〜。


卒業旅行のシーズンがほぼ終わったけど、まぁ、毎日届くメールの量が半端なかった。みんなちょっとでも困ったら、考えずにグーグルに頼るようだ。そしてグーグルは律儀に僕のメールアドレスを結果表示してくれる。


『レストランの営業時間は?』
『◯◯広場行きのバスはどこから出ているの?』
『バス停が見つからないんだけど』
『迷子になっちゃいました・・・』
などなど


トドメに、最高に驚いたメールは
『今、レストランの前にいるんですけど、19:30から予約してもらえますか?』

はぁ〜!?
レストランの前にいるならドアを押せよ。
押してダメなら、引いてみろ。
しかもそのメールを送ってきたのは、な、なんと、19時17分!!!!!!!!
13分後の予約!?ドア押せ!

お〜っと、いかん。年取ると若者が眩しく感じるようだ・・・


これからの時代、旅行中はスマホがさらに活躍するでしょうね。年配の旅行者も年々増えているので、そういう方にこそスマホやiPadなどを使いこなして欲しいです。間違いなく旅が楽しく、そして安全になりますよ。ハイ。

【2014年3月27日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】
posted by Tsuyoshi at 01:27 | Comment(5) | TrackBack(0) | イタリアの面白い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

ローマの路上で斬新な商売を発見!

roma.jpg
ローマの横断歩道で華麗な技を披露するおっさん(RX100


イタリアでは車で信号待ちしていると、さまざまな人が近寄ってくる。勝手にフロントガラスを洗剤で磨いてお金を請求してくる人、ポケットティッシュを売ってくる人、ニューオープンのお店のチラシを渡してくる人、物乞いしてくる人、実に様々だ。


先日ローマを歩いていたら、新手の商売人を発見した。
リフティングをするおっさん』だ。


決してスマートとは言えない、むしろ、ずんぐり体型のおじさんが、華麗な頭さばきでリフティングを永遠と続けている。そしてドヤ顔でお金を請求するのだ。素晴らしい!


自分の特技を活かし、最小限の出費で利益を得る・・・。実に見事なアイデア。新しいビジネスモデルかも知れない。5分ほど様子を見守っていたが、残念ながら払う人はだれもいなかった。しかし彼は確実にみんなを笑顔にさせ、そして世界で、いや、その交差点で一番輝いていたのは間違いない。

【2013年12月13日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】
posted by Tsuyoshi at 06:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | イタリアの面白い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

イタリア結婚式の写真(2)

matrimonio.jpg
披露宴のミュージシャン(カメラ:RX100


披露宴(食事会)での写真を追加。場所はフィレンツェ中心のとても立地の良いヴィラ。ヴェッキオ宮殿で入籍が終わって、そのまま徒歩で移動しました。

新郎新婦は市内で写真撮影。その間、招待客は披露宴の行われるヴィラで立食形式でのんびり過ごしました。これからメインの食事会なのにすでに皆お腹いっぱいになったころ披露宴が開始します。

そこで登場したのが写真のミュージシャン。最初はもちろんメンデルスゾーンの「結婚行進曲」を演奏して新郎新婦を迎え、その後は音量を抑えて結婚式定番の曲を演奏します。

1時間くらい経過したころから、新郎の出身地であるシチリア民謡で盛り上がると、とうとう会場内を踊りながら歌い始めました。まぁ彼の声とパフォーマンスが素晴らしい。マイクも使わずに声が良く響き、まるでライブ会場にいるようです。結婚式というよりも、彼のワンマンショーって感じでした。

終始会場は大笑い、披露宴を大いに盛り上げたのでした。フィレンツェで披露宴やパーティーを催す予定のある方、彼はおすすめです!ハイ。

【2013年10月22日 堂 剛 - Tsuyoshi Doh】
posted by Tsuyoshi at 16:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | イタリアの面白い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 2003-2010 BelGiappone.com All Rights Reserved.
Powered by Seesaa